::::: 小梅母の徒然日記 :::::




今日には
奈良へ帰るはずやったパパから電話があった。
「しばらくマーちゃんとこにおることにしたから。」

今回子供を亡くしたマーちゃん(叔父)夫婦は訳あって別居中。
マーちゃんの工場二階の事務所のカーペットをはずしてさく・あんを
置いておけることもあって、ママが生きてた頃から、加古川で用事があるときは泊まっててん。

すぐにマーちゃんと電話をかわってんけど
「やらんなん事はいっぱいあるし、考えんなん事もいっぱいあんねんけど・・・なんや気ぃ抜けてしもてなぁ。パパもママ死んで寂しいし、おっちゃんもマー君死んで寂しいし・・・寂しいモン同志、ちょっとつるもうかってな。しばらくパパにおってもらうことにしてん。」

叔母は葬儀の後、すぐにたっちゃんが待つ病院へ行った。
文字通り一人きりになるマーちゃん。

「そっか。たいして役に立たんやろうパパやけど、マーちゃんがいいなら、パパもそのほうがいいかもやし、よろしく。ただ、体使うことは期待できるかわからんけど、頭使うほうはアカンやろうし、相談ってより“聞いてもらう”ぐらいの気持ちでおりよ?それと、もう一人でも大丈夫って気持ちになったら、“帰ってくれ”って意思表示せんとアカンよ?はっきり言わんとパパには通じひんからね」

カラ元気なのか、すべて終わって落ち着いた部分もあるのか、いつもの調子でガハガハ笑うマーちゃん。

ママ(姉)亡き後、他人になってもおかしくないパパのことも慕って(?)くれてることに感謝しつつ、お互いに寂しいと感じる時間を少なくできることにほっと一息。

マー君ね・・・
苦しんだんやって・・・
心臓が強かったらしいから、苦しみも倍になり「苦しい・・・助けて・・・」と逝ったそう。
苦しむ息子の姿を目の当たりにして、息を引き取ったらほっとしたところもあったのかな?
「たっちゃん(弟)は心臓が弱いから、苦しむこともなく逝けるやろうって思ってるよ」
事情を知らん人間が聞いたら「えっ!?」って思うであろう言葉を叔母は発する。

悲しい事実には変わりなくとも、苦しみから解放されたという気持ちが大きいのか、叔父も叔母もほっとしたんやろうねと思う部分が見えた。
その話を聞いて、「ママは・・・よかったね。そこまで苦しんでる風には思えんかったし」とパパも私も安堵・・・ではないけど、悲しい現実から少し遠ざかることが出来た。

なんでこんな事を書くかって?

今までも常々思ってたことやけど、お通夜、葬儀の往復、別宅⇔本宅の行き来で「くたばれ!」って他人に叫ぶことが何度もあったから。

死なんでもいい人が早死にして、ほんまにくたばれって思う人間がのうのうと生きてるって思うから。

大切な人を亡くした人の多くが、一度は思ったことのあるであろう感情。

私の場合、運転してる時は常に口が悪いから、特別かも知れんけどさ。
ママが死んでから一層ひどくなったのは言うまでもないけど。

自殺の話を聞けば「その命、ママにくれれば良かったのに」
娘が母親を殺したニュースを見ては「殺すぐらいなら、もらってあげたのに、その命」
無謀な運転してるヤツを見ると「そんなに死に急ぎたいなら、その命くれっ!」

いや、昨日ね、本宅からの帰りに「もうアカンッ!」って思うことがあったんよ。
何事もなく済んだとわかった瞬間に体が震えて、恐怖で涙が出た。
普段なら「追いかけろ!」って父に指令するんやけど、そんな余裕も無かってん。(追いかけてどうすんねんって事は置いといて)

うちは右折で信号待ちをしてた。
矢印信号が出たので右折してたら、父の「あっ!!!」って言う声。
父の視線の先に目をやると、ちょうど私側(助手席)に突っ込んでくる車。
相手は左車線からUターンしようとしてたみたいやけど、うちの車は普通に右折してただけやから、相手の車がスピード出てたんやろうね。
すごい急ブレーキの音。
父もハンドル切ったからぶつかりはせ~へんかったけど、父も気付かず、相手もよそ見でもしてたら完璧に助手席側に突っ込まれてた。

車に乗ってたら、ほぼ常に小梅のショートリードは持ってるから、衝撃で飛ぶなんてことは少ないと思う。
でも勢いよく、モロにぶつけられてんのに離さずにいられるかというと自信もない。
きょとんとしてる小梅を見てたら、恐怖と怒りで涙が止まらんでさぁ。

「あんなアホのことで泣いたらアホらしいやろぉ」と父は慰めにかかるけど、涙の意味がちょっと違う。
確かに怖かったし、アカンとも思ったけど・・・
深層心理「なんであんなアホが生きてんのに・・・」

こんなん思ったらアカンのやろうけどね。

お友達が日記に書いてた言葉。
「あなたがむなしく生きた今日は、昨日死んでいった者が、あれほど生きたいと願った明日」

もしかしたら他人までも巻き添えにするような無謀な運転をするアホ。
エイズの事を話されて「別に~~、死ぬのは怖くないしぃ~~」とのたまう援交中の女子高生。
飲酒運転、薬物使用・・・
世の中、くだらん事で命を落とすヤツが大勢いる。
ちょっとでも考える頭があれば、失うことのない命が多すぎる。

自分自身にも当てはまる言葉であるからして、自問自答もするけれど。
もっと一日一日を大切に生きんとアカンね。

・・・って何が言いたいんだか(^^;;)

「いい子でお留守番してたよ。でもつまらんかったよ・・・」

DSCF3096.jpg

スポンサーサイト

2006/07/30(日)


明日のこともあるし
ボチボチ帰ろうとホールを後にしたのが10時すぎ。

帰りの車の中で、さっきまで私が怒り狂ってたということを忘れ去ったかのように“普通”に喋る父。
「明日は何時出発にする?」
「8時頃かなと思ってるけど」
「葬儀は1時からやろ?早すぎひんか?なんぼなんでもそこまで時間かからんやろう」
「けど、今日混んでた阪神(高速)、土曜日でしかも夏休みやし倍どころの渋滞できかへんと思うねんけど?」
「せやろか?でも9時で十分間に合うと俺は思うで」
「・・・ほな9時ね・・・」

寝たのは2時。
今日も留守番になる小梅に時間を取りたかったから7時には起きた。
洗濯したり小梅と遊んだりして、父を起こしにあがったのが8時すぎ。
なんのかんのウダウダしてて、父が降りてきたのは8時半。

長々トイレに篭り、テレビ見ながらヒゲ剃って、ダラダラと服を着替えて、美味そうに煙草吸って・・・

苛々してきた私の姿がオマエには見えんのか!?

「昨日の今日やし、こいつもわかってるやろう」とあえて急かすことをしなかった私も悪いといえば悪いさ。
けど相手はいい大人。
間に合う間に合わんのレベルの話じゃないやろう?
なんでも余裕もって行動せんか、普通?
なんも5時6時に出ようって言うてんちゃうやん。前の日も疲れたやろうし、寝不足かも知れんけど毎日そんな生活するんちゃうやろ?

小梅の留守番準備を完璧に済ませ、出発したのが9時20分。
高速の手前でガソリン入れてるときに父が「あ!ジュース持ってくんの忘れた」と言い出した。
お通夜の帰り、夜食(私の)と飲み物を買ってんけど「明日の分も買っとこう」って冷蔵庫に入れてたん。
私は小梅の準備で忙しかったし、車での飲みモンのことなんざ頭になかった。

「そうやね。ほな(スタンド内の)自販機で買ってくる」と車を降りようとしたそのとき、父がつぶやいた。
「俺、キンキンに冷やそうと思って冷凍庫に入れててん・・・」

本宅の冷蔵庫は調子が悪く、こうも暑いと氷も出来ひん。入れてるアイスも完全に溶ける。
けど、小梅のためにエアコン入れてんねん。
外の暑さみたいじゃない分、マシに動いてるようで昨日の氷も朝でも融けてなかったんよ。

なのに密封されたペットボトルを冷凍庫?
膨れて破裂する可能性は少ないやろうけど、全くなくもない。
よりによって、長時間家をあける時にそんなことをして、しかも忘れるとは・・・
いっぺん脳ミソ洗ろたろか?

出しに戻る羽目に。

私ね、小梅が留守番してる時に一時的に帰るの嫌いなんよ。
車に乗り込む前に玄関先で喋るのも嫌い。
ダシに使うおやつを食べ終わって「あぁ~ぁ、留守番か」と落ち着いて寝ようとしてる小梅を刺激するのが嫌なん。
「あ~~♪帰ってきた!」って喜ばせるのが嫌なん。

せやのに・・・せやのに・・・

とりあえず2階へ駆け上がり、冷凍庫から出したペットボトルを掴んで、小梅には声もかけずに階段を下りた。
玄関を閉めるときに聞こえる「キュ~~ン」という小梅の声。

「あった!?」
無くなるもんなんか、コレ!?

殺意再び。

一号線に出ると、すでにのろのろ運転。
「名神もこんな調子かぁ~~???」
・・・せやし言うてたのに・・・

幸い、琵琶湖方面に向かう車が多かったのか、名神にはすんなり乗れそう・・・
が、料金所手前の電光掲示板には「19キロ渋滞」の文字。
一瞬焦ったが、それは私らが向かう途中にある別高速への分岐からの渋滞情報。

名神はスイスイ。
「ほれ~大丈夫やん」と呑気な父。
「3号で間違いなく混むから、安心してのんびり走らんといて」
「ま、遅れるよりは早く着いたほうがいいしな」
・・・オマエが言うなっ

西宮から3号神戸線に入るが、100キロペースで走ってたのに70~80にダウン。
そしてついにのろのろに。
そりゃそうだ。
こっから先は『19キロ』の渋滞なんやし。

「ここっていつもこうなん?」
・・・昨日から何度も言いましたが?
「ほんまに、こいつらどこ行くねん!」
・・・降ろしてやるから聞いてきたらどや?

昨日も「京都駅で降ろして。私電車で行くから」って言うてんけど、まさしく同じ気分。

なんとかあと1時間もあればつくか?って状況になったとき「12時すぎには着けるな。大丈夫!大丈夫!」と父。

うちらは一般の弔問客か?
「遠いとこから来てくれた」って言われるけど、他の親戚に比べて遠いだけやねん。
あくまでも“親族”なんやから、一般の弔問客をお出迎えしろとまでは言わんでも、それぐらいの気持ちは持つべきちゃうのん?
「渋滞してて」っていい訳も「渋滞を見越して早めに出ることもできない馬鹿です」って言うてんのと同じやで?
みんなと一緒に着替えて出れるようにってぐらいの余裕持つべきちゃうのん?

12時すぎには到着できたけど、案の定入り口付近でイライラしてそうに待つパパの姿があった。
でも父に遠慮してか「お~ご苦労さんやったな。混んでたんやろう?」と笑顔を作って話しかける。

控え室で着替えをしてる時も、他の親族が控え室を出ようとしてるのにネクタイも締めずに携帯をマナーモードにしたりしてる父。
「お昼食べてないやろ?あそこでつまんでおいで」
親戚は口々にそう言ってくれるが、ネクタイ締めて、ついでに首も絞めたろかと何度目かの殺意を抱く私の耳は素通りする。

実際ね、会場に入っても、何をするでもなく座って待つだけやねんで。
せやけど・・・
あ~~わかってくれる?どれだけ私がイライラしてたか。

無事に葬儀を終え、出棺。
火葬場までは他の従兄弟連中も一緒やったけど、骨上げ、初七日法要、仕上膳まで一緒にさせてもらったのは私らだけ。
叔父いわく「他の従兄弟連中は、みんな近いとこにおるんやし、あとでゆっくりお礼も出来る。けど○○ちゃん(私)や○○君(父)は遠いとこから来てくれてんねんし・・・従兄弟代表で最後まで付き合ってほしいねん。小梅ちゃんも大丈夫やろ?」

・・・小梅の心配までしてくれる(涙

骨上げに行くとき、私と父、そしてパパはうちの車で一足早く火葬場へ。
隣接する墓地には、ママ(分骨したの)が眠ってるから。
せっかくやからと、煙草を一本つけて「ママ、お久♪まんまんちゃん」とお参り。

すべて終わって、本宅に帰りついたのは9時半。
夕べも今日も雷鳴ったみたいやけど・・・
小梅も、よ~がんばったね!!

父も・・・一応・・・お疲れさん。参列してくれてありがとう。

私は。。。
怒涛の二日間やった。白髪が一気に増えてると思われ・・・





2006/07/29(土)


滞りなく
従兄弟とのお別れをしてきました。

我が家的には滞ってたんやけど(--X)

28日、午後1時までの勤務やった父。
前日の27日に、仕事関連の用事が出来てしもた。
終わるのは2時半すぎ。
それからダッシュで準備しても、別宅を出られるのは3時か。。。本宅に小梅を置いて高速ぶっ飛ばして。。。間に合うか??
ってギリギリの時間。

私はね、父の面識の無い私の従兄弟のことやし、父は無理せずとも・・と思ってたんよ?せやけど、父も「叔父さんには世話になってるし、休みやねんから行くよ」って言うてたんよ。
それやったらさ、用事を誰かに代わってもらうとかせ~へん?普通。
遊びに行くんならムリかなとは思うけど、事が事やねんからさ。

時間も時間なんやし、私は仕方ないから別宅から直接行くつもりやったのに「小梅、車で待たせるより家で留守番させた方が気ぃラクやん」と言う。
ごもっともですわよ。でも、それならそれで、本宅に寄る時間のロスもあるんやから、なおのこと時間調整せんとアカンのちゃうの?

でさ、用事(仕事)を済ませて帰ってきたのが3時。
急いでる風には見えたさ。
見えたけど、次に言った言葉が「会社へ出さんなん書類だけちゃちゃっと作ってしもていい?」
\(`0´)/キイッッ

提出書類はさっき言われたことか?急に決まったことなんか?
ちゃうやろっ!
せんなん事があるのに、昼メシ食ってからのほほんと笑いながら休憩時間めいっぱいテレビ見てたんかっ?

怒鳴りつけたい気持ちを「行くって言うてくれてんねんし・・・」って申し訳ない気持ちで必死にこらえはしたけれど。

書類も出来て、さぁ出発!と言う時間になって来客。
時間は3時40分。

アカンわ・・・

会社に寄って、ほんまに出発できたのは4時。

父も焦ってるんやろうけど、山道を飛ばすもんやから苛々してるのに加えて気分まで悪くなってくる。

「この時間、そんなに混んでないやろうし5時過ぎには本宅に着けるやろう。それから高速乗ったら一時間半・・・なんとか間に合うかな」

どこまでも能天気な野郎!

ゆうべから「夏休みやし」って台詞も私は何度も吐いた。
「明日の用事、代わってもらったほうが無難やと」ってなニュアンスの事も言った。

山道から市内の国道へ出るまでに、すでに車は多く、次第に父も苛々してきて、しまいには黒塗りベンツまでをあおる。

それでもなんとか5時半には本宅に着いたよ。
留守番させるための準備で大汗かいて、本宅を出たのが5時40分。

高速に乗った時点で父が「8時からやったよなぁ?」


芽生える殺意。

はぁ~??
どの耳がそんなたわけを聞いてんねんっ!

今朝、私はパパに確認した時間「お通夜は7時から」というのを伝えた。間違いなく。携帯の画面を見ながら。
なのに8時!?
しかも、確認したのが5時半やで?

7時と言う時間をあらためて認識した時点で、父の顔色に更なる焦りが見え始めた。
高速に乗った途端に見えた「渋滞」の文字も追い討ちをかける。
いつも混む阪神高速なんやけどね。
苛々しながら「なんでこんなに車多いねん!どこ行きよんねん!」
・・・せやし夏休みやっちゅうとるやろうが・・・

それでもぶっ飛ばしぶっ飛ばし、なんとかギリギリ間に合う?って所で、おおきな間違い!
ネットから落とした地図を見ながらホールへ向かう。
電話で(親戚の)おっちゃんが言うてた通り、線路もある。
ただ・・・
おっちゃんは「踏み切り」って言うたけど、ここは高架。
田舎のおっちゃんのことやし、どっちも一緒なんかな?

ホールに着いたのは7時すぎ。
でもおかしい。駐車場に一台も車が止まってない。
あれ?と思いながらもエントランスに向かうが、葬儀案内のボードにも何も書かれてない。
入ってももちろん誰もおらん。

と、事務所から女性が「はい??」と出てきた。
恐る恐る「あの・・・今日、お通夜は?」
「どちらさまでしょうか?」
「○○です」
「あ!東加○川のホールですねぇ。」
「はっ!?○○で検索かけたら、ここしか出てこなかったんですよ」
「まだ出来て半年なので、インターネットにも乗せられてないんです」
「地図くださいっ!!!」

元来たバイパスに乗り込むが渋滞。
今度こそ間違いなく到着できたが、エントランスからは弔問を終えた人が続々と出てきてる。

・・・間に合わんかった・・・

しかもね・・・
大人し目とはいえ、喪服姿の人の間に入るにはあまりにも「普段着」の私ら夫婦。
いや、それだって、私は「時間もギリギリになるから、喪服に着替えて出よう」と言った。
なのに「控え室はあるんやろ?(あたりまえやろっ!)着替えなんて5分もあったら出来るし、それより早く出発しよう」とヤツは言った。

他の従兄弟連中が気付いてパパに声をかける。
パパに続いて叔父叔母連中もやってきた。

「マーちゃんごめん!間に合わんかった・・・」
喪主である叔父に誤り、20数年ぶりにあった副喪主の叔母にも頭をさげる。

遅れたおかげ(?)でゆっくりとマー君と会えたし、叔母にも話は聞けたけど。。。

わざわざ京都から来てくれたってことで、叔父・叔母も気を使い「食事用意してるし食べて!食べて!」と誘導してくれる。
ほんまに申し訳ない肝いTでいっぱいやのに・・・

と横を見たら、他の親類と喋りながら寿司食う父。

( ̄Σ ̄=)

私はどっと疲れたせいと、なんや10月の事を思い出して胸がつかえて、飲み物しか入らん状況やっちゅうのに。


朝から、かつてない大きな発作に見舞われた私は体調も本調子では無いにもかかわらず、いらいらさせられる一日やった。

まさか葬儀の日まで苛々させられるとは思いもよらんかったけど(怒)




2006/07/28(金)


予定では
昨日の乳がん検診の話と、今日のガングロ話を書くつもりやってん。
で、明日の夕方から本宅でパパと合流するつもりやってん。

でも訃報が入った。

前の日記の時にちらっと書いたことのある母方の従兄弟。
兄弟共に「筋ジストロフィー」って難病と闘ってた。
今日、兄の方が亡くなった。

従兄弟といっても、最後に会ったのは上のマー君がまだ2歳前の時。
4歳前に発病・・というか、病気がわかってからは、ずっと入院してたから。
元気な従姉妹にお見舞いされるのも辛いだろうと、従姉妹連中もお見舞いはせず今まで過ごしてきた。
マー君がパソコンを始めたのをきっかけに私はメールでやり取りはしててんけど、去年の今頃ぐらいに具合悪くなってからはメールも途絶えてた。
「死ぬのは嫌!」と眠らずに居たり、ほとんど原型を留めない胃なのに必死に流動食を食べようとがんばってた。
もうムリかもと言われながらもがんばってきたけど、とうとう力尽きた。

母親である義叔母とは小さい時にあっただけやけど、とにかく自分の人生を子供のためだけに使ってた人。
金銭面では叔父に頼ってはいたけれど、とにかくほぼ25年近くもの間、病院通いをかかすことはなかった。

ママの弟である叔父。
私の一番好きな叔父、マーちゃん。
子供たちの望みを出来る範囲でかなえるべく、一生懸命働き「儲けても儲けても残らんわぁ」と大声で笑う。
ママが亡くなってからは、他人と言ってもいい関係であるパパの事も気にかけてくれてる。

他の親類達には「もう難しいかもわからんなぁ」と気丈に振舞ってはいたけれど、私と二人の時「二人とも逝ってもーたら、俺、腑抜けになってまうやろなぁ。子供らがおらんなったら、何のために稼ぐねんって。」とつぶやいた。

不治の病で、いずれは・・・とわかってはいても、子供に先立たれる親の気持ち。
マーちゃん?今、どんな思いでおる?
ひろこさんが放心状態やろうし、考える暇もないぐらい準備に追われてるのかな。

たっちゃん?
今、どんな思いでおる?
楽しく遊んだり、ケンカしたりは出来ひんかったし、ここ一年ぐらいは喋ることも出来ひんかったやろうけど・・・
隣で寝てたお兄ちゃんの姿が無いのって・・・

親は当然準備に追われてるし、お兄ちゃんは死んで病院を出ていった。
達也は今、文字通り一人で病室におるねん。

想像も出来ひんし、したくもない世界。

達也だって、決していい状態ではない。
気落ちして、一気に弱ってしまう・・・なんてことも考えてしまう。

とにかく明日。
夕方一旦本宅に戻り、小梅を置いてからお通夜に行ってくる。
明後日は葬儀。
マーちゃんより先に泣くことのないように・・・






2006/07/27(木)


父が出たっ!
いやいや・・・
サルが出たっ!

IMG_2251.jpg


右端に見える緑のは消防軍団の小屋。
その後ろ、丁度サルが逃げようとしてるところにはうちの車がある。

脱兎の如く駐車場を駆け抜け山肌を駆け上がる。

IMG_2252.jpg


視線を上へずらすと、連れ合いが心配そうに見てた。
「二匹かよ・・・。しかも散歩コースに・・・」

IMG_2255.jpg


上に居た一匹が途中まで迎えにきて(?)そして二人で遊歩道を駆け上がる。

IMG_2253.jpg


父も参加して見てたんやけど、一匹が時々威嚇しながらこちらを凝視。
私は私で「父のこと、仲間や思ってんねんけど私がおるから動けへんねんで」
父は父で「いや、あれ~?あそこにおるのはボス!?ってオマエを見てんねんて」

ボス(不本意ながら)が拳を突き上げたら、一目散に木に登ってった。

サルが出るって言うのは聞いてたけど、いのししと鹿しか見たことなかったんよね。
しかも散歩コースとは・・・

あっ!!

数日、小梅の早朝吠えがあってんけど、ひょっとして庭(いちじくがなってる)におったとか!?
ε=(>ε<) プッー!

今日のネタやった予定の「乳がん検診」の話はまた次にでも・・・


2006/07/26(水)


ちょっとねぇ~
気分が凹み気味・・・

看護学生時代からの友達のお母さんがママと同じ病気になったのが・・・3年前になるんかな。
仲の良かった二人の母親が同じ病気になるなんてって相談しあったり、一緒に泣いたり、時には叱咤したりしてた。

お母さんは特に目立った変化もなく落ち着いてるねんけど、今回お父さんまでもが癌宣告をされた。
予後もよくない状態とか。

私なんて「この世の中、苦しめ!って思う人間はいっぱいおるのに、なんでママが・・・なんで私が泣かなアカンねん!」って思ってたのに、二親ともが癌なんて悲しすぎる・・・

こういうとき○○(私)はどういう気持ちやった?
○○はママに対してどうしてた?
ママはどうやった?

友達から送られてくるメールには、彼女自身のやりきれない思いが詰まってる。

肉親との別れを経験した私と、遠くない未来に経験する彼女と・・・
悲しみという点では共通するけれど、家庭環境も考え方等の性格的なことも違う。
的確なアドバイスなんて出来るわけもなく。

ただ、経験した事を伝える事しか出来ない。

久々に・・・
いろんな事を思い出す事になってキツイなぁ・・・


「そんな時はお散歩よ♪汗いっぱいかいて洗い流そう!」

IMG_2248.jpg


2006/07/25(火)


雨が降りだす前に
ちゃちゃちゃっと散歩!
すんごい嬉しそうにしてる小梅やけど、ちょっとしたハプニング。

道路を渡って、うちの車の横を通ろうとしたらのそ~~っとワンコが出てきた。
見た感じ攻撃的では無さそうやけど、知った子相手でもウガウガな小梅やのに、見ず知らずの子に(しかもノーリード)ウガウガして、ご機嫌損ねて・・・って考えたら、すぐに小梅を抱き上げてしもた。

じ~~っと見ながら、ニジリニジリと近づく子。
(~ヘ~;) ウーン いいお顔してるし。

カラーはしてるけど、ここらへんじゃ見たことないなぁ。
外でバイクの手入れしてた父も来たけど「(仕事であちこち廻るけど)見たことないなぁ」

“勝手散歩”で遠くまで来てしもたんかな?

しばらくにらめっこ状態で向き合っててんけど、そのうちとっとこ歩いて向こうへ(うちが散歩しようと思ってる方向)行った。

ん?
歩く分には問題ないけど、小走りになると後ろ足がおかしい。
びっこ引く感じ。

うちの車の後ろらへんに隠れてたっぽいから、もしかして事故にでも合って休んでたとか??

姿が見えなくなったから、うちも散歩を再開してんけど・・・
見えるうちに歩いときゃよかったよ。
どこにおるかわからん、どこから(飛び)出てくるかわからんって状態は非常に緊張する。

別にね、そこワンコが怖いとかじゃなくて(ちょっと怖いけど)出くわした時の小梅の様子如何を思うとさぁ。
野球とかバーベキューで車の出入りも多かったし、たまたまウガった小梅にびっくりして飛びすさった時に車が来てて目の前で・・・なんてことになったら(|||▽|||)

だから、嬉しそうに飛ぶように歩く小梅を連れながら、あっちキョロキョロ、こっちキョロキョロと私自身は、すんげぇ挙動不審(爆

結局それ以後出会うことはなかったけどね。

ボチボチ帰ろうかと言う頃になって、ようやく父がバイクでやってきた。
近くのスタンドが休みで、別の所に行ってたらしい。

高いお金かけて修理したバイクやねんから、動かしとかんとアカンもんね。
もうちょっと走り回ってこい!と指令(笑)

060723.jpg


2006/07/23(日)


最近
父はよく“ウン”をつける。

いや、パンツとかにじゃないよ。
・・・ついてるかも知れんけど(≧ω≦)

小梅ってね、トイレにはきちんと行くの。
でも例えば、毎回ではないけど、汚れてるシートとかやと(一箇所でも)そこを避けて用を足そうとするのね。

私は小梅が一人でトイレに走ってくと、次にトイレ周辺に行くときは気をつけるのさ。
でも父はそれが出来ひん。

で「うわぁぁぁぁ~~っ!!」となる訳。

ちっこだけの時が多かってんけど、最近はウンも(^^;;)
しかも別宅だけでなく、本宅でもよ?

このあいだ本宅に帰る前の夜、マグカップに氷を入れるべくキッチンに立った父。
「やってもたぁぁぁ~~!」と叫んだ直後「うわぁぁぁ~~っ!」

またかよっ・・・とあきれる気持ち半分、おもしろ半分で覗きに行くと動くこともかなわずにっちもさっちもの父が突っ立ってる。

「左足でウンコ踏んで、びっくりしてよろけて右足置いたらしっこ踏んだ!!」

片足ならケンケンで風呂場直行!やけど、両足やとどうしようもないがな。
Wの悲劇ってやつですか?
ひろこちゃんは可愛かったけど、小梅父は可愛くねぇ~~

そんなことがあった次の日の夜、本宅にて・・・

「さ、小梅!寝る前のしっこ行っとこ」と小梅を抱いて立つ父。
私も3Fにあがる準備をしててんけど、突如聞こえる昨夜と同じ悲鳴。

まったく同じ状況( ̄_ ̄|||)

「いつの間にしたんやぁ~~!」

小梅に聞いてみな。

本宅は面倒なんよね。
なんせお風呂場が1Fやからさ。
両足ともなると最悪やし。

トイレシートで足をくるんでお風呂場へ行かせたけどさ・・・

小梅はウンをする時、一度のウンで何度も体制を変えるだけでなく場所も変えるんよ。
一回目がシートの真ん中やとしたら、次は端っこ、次はシート外って感じ。
よくトイレのコマンドでワンツーワンツーとか聞くねんけど、あれってうんにょでもするわけ?
自分がそうやから思うだけかも知れんけど、ちっこだけならともかく、「うんにょを今しろっ!」って言われてもなぁ~~
出来る子もおるんかなぁ?おるんやろうねぇ?
盲導犬とかはそうやって聞いたことあるけど・・・
覚えさせた人も凄いと思うけど、出来るワンコも凄いわっ


「私は自由が好き♪」

DSCF3094.jpg


2006/07/22(土)


マイブーム
最近はまってるモノがある。

DSCF3084.jpg


どちらもコンビニでしか見たことないんやけど、結構お気に入り♪
ババンと写真載っけても良かったんかな?マズイ?

どちらもセブン○レブンで買うんやけど、左側のは沖縄フェアで限定らしい。
パイン系のは結構何でも好きで、よく買ってんねんけど、そこへこれまた大好きなナタデココが入ってるとなると買うしかないでしょーって。
右側のは、かなり甘いカフェオレなんやけど、コーヒーゼリーが入ってんねん。

昔から「ツブツブ(果肉)入り」とかって飲み物はちょこちょこ出てるけど、あんまり美味しいと思ったものは無いんよね。
だから、先にゼリー入りとか見てたら買わんかったかも。

カフェオレの方からはまってんねんけど、これも最初は何の気なしに手に取って、飲んでみたらゼリーが入ってて「おぉぉぉ~~!」って感じやったんよね。
で、昔のツブツブ入りを思い出してんけど、これは美味い!

また飲みたくて、次に行った時に一本しかなかったから、激しく悔しい思いをした。
でも丁度沖縄フェアが始まった頃で、左のを見つけて買ってみて、これもはまってしもたって訳。

だから、こないだ行ったときは両方とも店頭に残ってた6本づつをすべて買占め。

ただ・・
この手のって「気軽に飲むジュース」にしては高いんよね(^^;;)
父も「これだけでなんぼについてんねん」ってちょっと呆れてた。
でも高いとはいえ、200円に満たない値段で、妻がニコニコ満足そうにしてるって思えば安いもんやんねぇ?
o((*^▽^*))o ゲラゲラゲラ


さて・・・
忙しくしてたのと、雨続きで久しく散歩に行けてない小梅。
かなりブー垂れてるかといえば、そうでもない。
お散歩が常ではないと、こういう時に助かる(*´∇`*)
私が家に居ることも理由の一つやろうけど、まったり過ごしてるね。
膝で寝てるかと思えば、「寝難いなぁ~」って感じで突然カーペットにドスンって寝転ぶ。
トイレに行った帰りに水を飲んで、そのままハウスってことも。
ただ私が用事してる手を止めると、ハウスだろうがカーペットだろうが、のそっと起きてきておもちゃを咥えてくる。
しばらく遊んで用事し出すと、また寝る・・・みたいな繰り返し。
当たり前のような日常が幸せに感じるなぁ。

DSCF3095.jpg


2006/07/21(金)


まとめ日記(^^;;)
☆18日☆
血液検査の数値が悪く退院を伸ばされてた義父のお見舞い。
が、19日に退院が決まったそうで、予想外の元気さ。
プチ手術前は50メートル歩くのもままならなかったのに、血流がよくなったおかげでスタスタ歩いてる。
・・・もっと早よ気付いとけよ医者!母さんも・・病院変われって言うてたのに ブツブツブツブツ・・・

病院を後にしてからは義母と買物。

帰宅したら、ジョンジョロうれションで迎えてくれた小梅(笑)

☆19日☆
夜から予定してた会社の人達とのBBQ(コテージ借りて)が中止になった。
そりゃそうよね。なんぼコテージや言うても、あちこちで土砂崩れや倒木、通行規制があるっちゅうのに。
中止になったのは仕方ないにせよ、我が家の買物担当やったやきそばの具材。
麺10玉、ソーセージ(焼肉分含む)50本、業務用やきそばソースをどないせぃっちゅうねんって話やし。
一応は延期になっただけやし、ビールとか日持ちするもの担当の人はよろしい。お肉も出かける寸前にストップかけた。
でも、うちは今日病院のため、前日に買ってあったんよねぇ(^^;;)

ソーセージは日持ちするから、なんとか食べるけど麺は・・・
しばらくやきそば連荘になりそう(私はとってもラク♪)

昼前には病院へ向かうべく家を出る。
家のそばの峠道では山へ入る細い道から土石流っぽい流れあり。
根こそぎ盛り上がる倒木も見たし、川はものすごいことになってる。
病院もキャンセルしようかなって思うぐらい。
そうそう、はじめて通行止めになってる道を通ったよ。
通行止め言うても、一車線にバーが降りてただけやから、うち以外にも通ってる車はおったけど、それでも途中パトカーと出くわしてドキドキしたし(爆

そんな怖い思いしながら行った病院・・・
前回の検査結果は「微妙やなぁ~~」
はぁ~??
あんだけしんどい思いして、べらんめぇなお金払って、あげくに結果が微妙??
次にカテーテル検査も言われたけど「カテしたら、確実な結果を得られる?無理ですよね?」「そうやなぁ~・・・」「ならいりません」

チャンチャン。

診察も「一ヶ月ごとに採血しても目をむくほどの変化はありませんよね?」「そうやね」「んじゃ隔月でもいいですか?病院で待ってるの疲れてきたし」「そうしましょうか」

ってことで、薬も2ヶ月分。

あ~やれやれ。


全国的に雨の被害が凄いね。
川が近ければ当然、山間でも当然、川が近くなくても土石流とか起きてるし。
うちの方も被害は無いものの、通行止めで陸の孤島化してる地域が多いし(うちも京都市内からは寸断されてた)。
気をつけてねって言って気をつけられるものでも無いとは思うけど、避難具やら大事なモノは高いところに・・・とかって事前の備えを万全に!

DSCF3088.jpg


2006/07/20(木)


今日もやっぱり
雷さん(T_T)
小梅と二人、寄り添って空の様子をうかがってる一日になりそうなので、お友達から廻ってきたバトンに挑戦。
って、今までのとは違って難しそうやしぃぃ(^^;;)



☆1.前の人が☆2.で答えた漢字に対して自分が持つイメージは?

「無」己を落ち着かせる、またはリセットし得る状況
「真」本質
「情」大切な人を対象とする気持ち

☆2.次の人に回す言葉を3つ。

パス

☆3.大切にしたい言葉を3つ。
 
 「人生楽ありゃ苦もあるさ」「ありがとう」「向上心」

☆4.漢字のことをどう思うか。

奥深い

☆5.最後に貴方の好きな四字熟語を3つ教えてください。
  
「心頭滅却」「臨機応変」「一石二鳥」

※余談・・・
極楽蜻蛉→学生の時、パパやママが私を知人に紹介する時によく言ってた(爆) 
一攫千金→常日頃、これを目指してる(爆)

☆6.回す人3人とその人をイメージする漢字

バトンとして考えなくてもぼけ~っとしてる時に考えると、頭の体操にいいかも(笑)
みなさん、どうぞご自由に♪

DSCF3061.jpg


2006/07/17(月)


以前
ちょっと書いた「フリースドッグ」
お友達ワンコへのお礼の気持ちとして作ってた。

5月に最愛の子とお別れしたお友達。
それでなくても物悲しくなりがちな梅雨やのに、悲しさ辛さを乗り切ろうとがんばってる。

梱包する前に小梅がご挨拶。
「そのうち私もそっちへ行くし、“アンタ誰?”ってならんように私の匂いも覚えててなぁ」

IMG_2223.jpg


先日、日記をアップした彼女やけど、四十九日が済んだばかりで、きっとまだまだ辛い日々。
お星様になった子もすばらしい笑顔の持ち主やった。
会ったことはないけれど、彼女もきっと笑顔の素敵な可愛い人。
彼女が元の笑顔を取り戻すまで静かに見守ろうと考える今日この頃。

命あるもの、いつかは誰しも星になる。
笑顔良しの彼は少し早くお空に帰っていった。
再会する日のために笑顔に磨きをかけてるはず。
出会えた時の言葉は・・・
やっぱり「はろ~~クロちん」よね。

kuro.jpg



※ブログにアップすることは彼女の了解を得ています。
2006/07/16(日)


・°°・(>_<)・°°・
なんでこう毎日毎日雷が鳴るかねぇ?

今日は出かけんなん用事があって、小梅を留守番させてたんよね。
途中ドシャ降りの雨にあって「こりゃ雷も鳴るな」と思うものの、どうしようもなく・・・

少々の雷は平気やし、よく言う「雷嫌いのワンコ」ちゃんに比べれば、小梅は全然マシな部類やとは思う。
でも、先日も書いたように、4月の雷からちょっとびびってる事に嘘はなく。

夕方、出先のお店が停電した。
「落雷が発生して停電いたしました」との放送。

llllll(-_-;)llllll

用事を早めに切り上げたというものの、外は暗くなってきた時間に帰路につくが、空はピカピカ光ってる。
稲光とかデカイ雷の時の閃光ではないから音はそれほどでもないとは思いつつも、急いで帰る。
心なしかアクセルを強く踏む父、私は「小梅は大丈夫!小梅は強い子!」と呪文のように繰り返しながらね(爆

家に帰ると、普段のお留守番とあまり変化なく出迎える小梅。
震えてもない。
でも、寝室の電気がついていて、エアコンのスイッチもチカチカしてる。電子レンジもエラー文字。

あ~~
やっぱり停電はあったか( ̄_ ̄|||)

夕飯を食べてる途中から雷が大きくなってきて、数回停電したけど、ヒッとこらえた悲鳴をあげるのは私だけで、小梅はというと、父におこぼれを期待して、目はランラン。
食後、片付けをしてしまうと思い出したかのように私に寄り添ってきて、不安そうな顔はしてたけど(笑)

一般的に言われる雷嫌いではないと思うけど、それでも一人の時やと怖いよねぇ??
小梅に聞いても答えてはくれん。
自分が嫌いで、怖いもんやから過剰に心配してるだけかな、私。

どっちにしても、留守番中の雷は避けられへんねんから「小梅は大丈夫!小梅は強い子!」と呪文を唱えるしかないか(^^;;)

IMG_2230.jpg


2006/07/15(土)


(^^;;)
ちょっと、おサボりだわね(^^;;)

初めて使い始めたモノがあって、それについてのサイトや体験談ブログ巡りをしてると、ついつい一日が終わってしまふ・・・

合間合間に雷におびえたり、小梅と遊んだり(爆

しかしあれやね。

なんでこんなにも小梅が愛しいんやろ(* ̄。 ̄*)

雷のドスンッて響きにびくっとなって寄り添ってくる時とか、のんびりハウスで寝てたのに、目を覚まして「母の側がいい~~」みたいに寄り添ってこられるともうヾ(´▽`;)ゝ

DSCF3074.jpg


それにしても毎日暑いね。
窓全開にして扇風機回してても、あたるのは熱風。
雷が鳴ってきたら、嫌やねんけど「雨も降るやろうし」ってそそくさとエアコンつける私ってどう?と思いながら・・・

これからの時期はお出かけも気を使う。
雷が多いところやし、伴って停電も多い。
エアコンつけて出かけても「もし停電で止まったら・・・」とか考えると、襖を小梅が通れるぐらいだけ開けてってことが出来んやん?
閉め切ってるわけではなくても、熱が篭る狭い空間に居ることになるし。
アイスノン枕や水を多めにって対処ももちろんしてるけどなぁ~

4月の雷以降、やっぱり大きい雷にはびびってる感のある小梅やし。

みんなどうしてるんやろって考えるけど・・・
きっと同じ思いをして、ドキドキしながらの外出なんやろうね。
自分ちの方角が雲ってたりしたら「早く帰ろう」とかさ。


2006/07/14(金)


長らく
ほったらかしにしておりましたm(_ _)m

最後の日記でも書いてたように、本宅に戻っておりましたの。
7日から、夏休みの2日分と本来の休みでなんと4連休!
旅行の予定もなぁ~んもなし!
本宅でも片付けようかと帰ったものの、義父の入院・手術に加え、義母までが具合を悪くして、本宅⇔父の実家を行き来。
それ以外でも用事があって出かけたりと、結局小梅は4日間お留守番ばっかり・・・という有様。

10日の夜に別宅に戻り、不貞寝する小梅を見るとこう。
口半開きで確実に何かを訴えてる模様(爆

DSCF3075.jpg


今日は今日で私が朝から病院(T_T)
午前も午後も検査があって、一日病院に缶詰状態。

検査・・・
点滴(造影剤)を入れながらの自転車こぎ。
その後2回の特殊撮影。

自転車こぎ・・・
地獄ですわ(TT0TT)

時間にすれば15分ほどなんやけど、さすが「極限の状態じゃないといい結果が得られませんので」って言うだけあって・・・

だいたい2分ごとに負荷がかかってきて、ペダルが重くなるのね。
不自然な姿勢に、片手は点滴、片手は血圧計、胸部には心電図のコードが山ほどひっついてる状態やから、つらいのつらくないのって・・・

5分ほどは楽勝やってんけど、6分過ぎたあたりから、昔傷めた膝がのっぴきならん状態になってきてさ。

確かに医者も検査技師も「やりきる人も少ないですから」とは言ってたさ。
でもこの検査をするにあたっては、比較的若い部類に入るであろう御年38歳の私が、そこらの年寄り並に根を上げられんでしょう?

でも「がんばって!あと一分!!」の声とともに足が言うこと聞かんようになって、情けないかなギブ( ̄_ ̄|||)

医者が足を、技師が膝を持って、なんとかペダルを廻させようとするんやけど、無理!
私の脳からは「もういいのよぉぉぉ」って天使の声が聞こえてたし。

それまで汗らしい汗をかいてなかったのに、「はい、ラクにして」の声と同時に汗腺という汗腺から汗が噴き出てきた。
巷で流行りの岩盤浴の気持ちのいい汗とは訳が違う。
200近くまであがった血圧と160ぐらいの脈拍では、ドクンドクンと汗以外のモノも噴き出てるんちゃうかってぐらい。

準備室で点滴に気がいって、タオルを持って入るのを忘れた私に看護士が「すごい汗~~」と言いながらガーゼを持ってきてくれ、使ってくださいねと言うものの、体が動かん。
せっせと拭いてもらいながら「オマエは手術中の外科医かっ!」って突っ込みいれて大笑いされる始末。

汗だくのまま、今度はCTかMRIか?ってな機械のベッドに手をバンザイした状態で横たわる。
「動かないでくださいね」と技師は言う。

動けませんからっ!
だいたい、ベッドまで行くのに支えてもらってたし。

“足が笑う”って急激に走ったりしたときに言うやん?
笑うどころかひきつけ起こしたみたいになってた。

いくら傷めた膝とはいえ、日頃の運動不足も否定できない情けなさ。

午後の検査まで2時間強はあってんけど、どうせ食事も出来ひんし動きたくないからってことで、車に戻って横になってた。

午後の予約の時間になったので、検査室の前に行くと救急隊員と看護士、そして医者が患者を囲むという物々しい雰囲気。
ストレッチャーの男性患者はアンビュー(手動人工呼吸器)と心臓マッサージをされてる。

いやぁ~な予感は的中し、看護士が「お待ちの患者様には申し訳ありませんが、救急患者さんを先に検査しますので」と声かけをする。

ほんまやったら「またかいっ!」って文句言いたいとこやけど、瀕死の患者を目の前に文句を言う患者はおらず。
それどころか、普段目にすることのない救急処置にみんな目を奪われてる。

予定時間より遅れること一時間余り・・・
なんとか私の検査も終わった。

そして会計。

「○○さま。お待たせいたしました。本日は24170円になります」

『はっ!?』
おもわず近くに居た人間が皆振り返るような大声を出してしもた。

一万円を越えるような検査やったら、事前に言うのがスジちゃうの?
給料前に24170円!?

自分のおこづかいと家計費で3万は持ってたけど、それはないやろぉ?

「こんな高額になるのなら、事前に説明すべきじゃないですか?帰りに買物も出来ないじゃないですかっ」
「すみません・・・次の予約診療の時でもかまいませんが・・・」
「そんな面倒なこともいやですし、払います。でも、先生にも高額検査の時には説明を徹底するように指導してくださいな」

いくら自分の体のためとはいえ、ご飯も抜きで自転車こがされて点滴されて、汗かいて、あげく待たされて、とどのつまりに24710円!?

どっと疲れた・・・

検査で疲れただけと思って、買って帰ったお惣菜を並べてご飯の準備をしてくれる父に、無言で領収書を見せると「これで更に疲れたんやなぁ」とよしよししてくれた(笑)
帰宅したときの狂喜乱舞が落ち着いた小梅も「私も~~!私もよしよしするぅぅぅ」と言わんばかりに体をこすりつけてくる。

ちょっと・・・
いや、かなり救われた♪


話は少し戻るけれども、パパが約一ヶ月の北海道旅行を終え、無事に家にたどり着きました。
さく・あんは死んだように体を伸ばして寝る毎日のよう(^^;;)
パパは・・・
「やっぱり寂しいわ。なぁ~んもする気がおこらん」とボヤキ再燃。
ヾ(´▽`;)ゝ

今日の義父の手術も成功。
義母も少し元気になった様子。
8月にも大きい手術があるから、元気でおってもらわんとね~

なんか落ち着いた日々が送れませんわ・・・





2006/07/11(火)


一日中
ブルーディ関係のことを調べてた日。

夜は父と同僚のSさんが飲み会やから、MさんとG君とで父達を送ってった帰りに外食。
っつ~ても、一軒しかない店やけどね(爆

そのままお迎えまでは我が家で過ごした。

ワンコ苦手のG君・・・
自分ちに来られるだけでも引いてたのに、小梅のテリトリーである我が家で安穏な時間を過ごせるのか?
(^w^) ぶぶぶ・・・

幸い、G君が持っていないゲームがうちにはあったので、そっちに気をとられて、小梅のことはさほど苦では無い様子。

生足の膝に乗られて「痛い~~」って泣き笑いはしてたけどね(笑)

9時半ごろにお迎えの電話があってんけど、G君がゲームしてるから、小梅を任せて私がお迎えに出かけた。

うちのパパ以外の他人とお留守番なんて初めての経験。

ま、慣れてる人やし私自身に不安は無かったから「何事も経験!」と小梅に言い聞かせ・・・

帰ってきたら素直にMさんに抱っこされて出迎えてくれた。
待ってる間も、ずっとMさんの膝で玄関を見続けてたみたいね。

060706.jpg


それと・・・
約一ヶ月間に及ぶ、パパの北海道旅行がまもなく終了します。
っていうか、すでに本州に入ってるねんけどね。

さすがに疲れたらしいし(そりゃそうやろ^^;;) さく・あんも疲れてるみたいやし天気も悪いし台風も来てるし寂しいしってことらしい。

明日からうちも休みで、本宅に帰るんやけど、それに合わせてやってくるかな?

もう少し!
気を抜かず無事に帰ってくれることを祈りつつ・・・


2006/07/06(木)


重大ニュースを二つばかり
一つは世界的にも大きなニュースとなっている北朝鮮のミサイル発射。

あの国は一体何を考えてるんやろう?
アメリカを射程距離にしているテポドン2号を失敗とも計画とも思える落とし方をし、日本が射程距離になってるノドンは6発。
万景峰号の半年間の入港禁止(甘っちょろいっ!)という経済制裁を発動した後に7発目を発射。

いずれも失敗か意図的にか定かではないけれど、日本海に着弾。
しかも“どこかの都市”を集中的に狙う練習のようにも思える集中着弾。

それまでは北の敵は日本とアメリカが主やったのに、今度は見方してくれてた中国をも敵に回すつもりか?

今年1月の訪中で「ミサイル発射はしないように」と念押しした中国に対しての裏切り行為。
これで中国が今まで通りに北を擁護するとは思えない。
そうなると同じように北についてたロシアだって、一人(一国)だけで北をがんばってかばうとは思えない。

自虐行為。

それにしても、夕方の小泉首相にインタビューしてた女性記者のアホなこと!
小泉が「対話の余地を残しつつ」ってコメントを出すと「対話の余地を残すんですか?」と。
いくら相手が“話のわからん(通じん)”国とはいえ、対話なくして、どう解決する?
ドンパチをおっぱじめろとでも?

日本の軍事力では戦争などとんでもない話で、必然的にアメリカが出てくる。
中国、ロシアが北に付いて参戦するなら、日本をまたぐ形でのドンパチとなる。
中国、ロシアが付かず北VS日本、アメリカとなってもそれは同じこと。

最後の小泉の大きな仕事となるともいえる今回の騒ぎ。
さぁ、どう出る?!小泉アーンド日本政府。


二つ目は我が家にとっては重大なニュース。

今年は熊の目撃情報が多いねん。
去年までは一番近い所でも、車で10分ぐらいのところやってんけど、なんとスキップしたら2分ほどで行けるところに出たと\(@O@)/

しかもね、いつもの散歩コースのちょっと上やねん。
グランドに入れへんようになってから、グランドの上に芝生広場に行っててんけどさ。
そこから、ほんのちょっと山に入ったところで目撃された。

どうするよ?
散歩行けへんやん・・・

人間一人で歩いてたら、ひょっとしたら逃げる可能性もあるけど、小梅連れてて、ちょっとでも小梅が威嚇吠えしようもんならくるんちゃうん?!

相手が小熊なら・・・
体型だけやと、私のんが勝ってるように思うけど、そういう問題でも無いやろうし。

小学生はランドセルに鈴つけて歩いてるけど、鈴つけて散歩?
いや、それで寄ってけ~へんなら、なんぼでもつけるよ?
でも鈴だけで対処していいもん??

護身用に唐辛子スプレーは持ってるけど、向かってくる熊に至近距離で上手く発射できる?
しかも小梅抱えて・・・

無理です!

コンクリートの道だけをグルグルグルグル廻るだけの散歩になってしまう?
けど、これからの時期、日中は無理やん。
早朝or夜?
熊の活動時間やって(^^;;)
昨日も18時半ごろに目撃されてるからね。

今日、「熊の目撃情報は聞いてはりますね?しばらくは出歩かないように」って猟友会のおっちゃんらが廻ってきはった。

しばらくっていつまで~~??

(|||▽|||)

「小梅さん・・・しばらくお散歩できひんねん。」
「ん~ 家でもそこそこ楽しいで♪」

DSCF3066.jpg


DSCF3069.jpg


2006/07/05(水)


おっぱいぼ~~ん!?
某化粧品のCM・・・
女性が夜行列車(?)に乗ってて、朝の景色を眺めながら化粧水をつけてるってのやねんけどね。

その最後に聞こえる
「おっぱいぼ~ん おっぱいぼ~ん」ってのがCMとは関係のない言葉で、私的には???やったわけ。

一番最初は、テレビ画面を見ずに聞いたもんやから
はっ(@∇@) 状態。

次にじっくり見て聞いても、やっぱり聞こえるのは
「おっぱいぼ~ん おっぱいぼ~ん」

4、5回聞いて あっ!?と思った。
テレビに記されてる電話番号『○○○ー050-050』

おっぱいぼ~んは オーファイブオー??

常々「英語が片言じゃなくペラペラ喋れたらなぁ~」って思ってるけど、喋るどころかヒアリングからか!?

「母は日本語も勉強しなおしたほうがいいんちゃうかと思うけど」

IMG_2229.jpg


2006/07/04(火)


とうとう
煙草が値上がりしてしもた。

私のは280円から300円になった。
30日に買った煙草と1日に買う煙草の値段が違うっちゅうのが納得いかんねぇ~~

30日の夜に出かけてたから、帰りにコンビニに寄ったのさ。
そすっと、父の煙草はあったものの私のが売り切れ状態。
次のコンビニで1カートン見つけたけど、1カートンだけ。
店員が「バラなら残ってます」って言うからバラもすべてお買い上げ。

もっと早いうちから買うつもりやってんけど、いっぱい置いてるスーパーに行けへんかったんよね(T_T)

1箱300円。
一日2箱ペースの私は600円。
煙草代だけで、ざっと月に18000円。

あなたなら止めますか?

私は200円の煙草(当時はセブンスター)が220円になった時にやめようかと考えた。
まだ学生やったしバイト代ではキツキツやったから。

ところが、300円になっても止めようと言う気がおこらん。
減らそうとは思うけどさ。
30日に煙草を買って考えたことは
「よし、明日からはフィルターギリギリまで吸うぞっ!」やった。

500円になったら止めようと思うんかなぁ(^^;;)


話は変わるが・・・
久々パパ情報。

現在は層雲峡というところに居る。
久しぶりにホテルに泊まるとか。
毎日メールはあるけど、今日は「涙」ってタイトル。
なに!?と本文を読むと
「2年前に行ったルピナス園にママが書き込みしたノートが残ってた。泣けました」とのこと。

そうか、そうか・・・
思い出をたどるたびに「一人じゃなぁ~」と泣き言も言ってたけど、実際にママの足跡を感じさせるものに出会うとくるよねぇ。

ママは何を書いてたん?
とメールを返すと電話がかかってきた。

「あんな、ママの前の人が“ルピナスのような外来種は環境破壊がうんぬん”って書いてあってん。それに対して“外来種はルピナスだけではありません。環境破壊を言うなら、植物よりも動物ではないでしょうか。ここの綺麗な花を見て心癒される人もいるのですし”って書いてあってん」

てっきりパパとの旅行の思い出でも綴ってあるんやと思いきや、前の書き込みに対しての反撃文かいっ!?

((((^Q^)/゛ギャハハハ
ママらしい!

バイクでの一人旅をしてる京都の女の子と知り合いになり、ランチをおごってやったり、“いつまで車におるねん”って反撃からかドッグフードを食べなくなったさく・あんに気を使ったり(工事の人達がうらやむ豚丼を食べさせてたりする)・・・
時折涙を流しながらも北海道の旅は順調に進んでいるようだ。

ちなみに・・・
ホテルのバイキングがとても良かったと、さっきも電話があった。
さく・あんの散歩を済ませたら「2500円で飲み放題!歌い放題”」のラウンジに行くってさ(笑)

「ジィジはまだ帰ってけ~へんの?」

IMG_2235.jpg


2006/07/02(日)


貧乏暇なし
とはよく言ったもので・・・

なぜかここ数日忙しい~~~(|||▽|||)

右手中指、深爪してちょっと膿んでるっぽくて痛い~~~

小梅は元気です。
すこぶる元気です。
一つだけ難を言えば・・・
何故か朝方(4時ごろと思われ)に起こしにかかってくる事ぐらい。
寝かしてくれ~~~
・・ってほっといたら、また小梅も寝てるんやけどね。
まだ4時起床の年齢には早いやろう(笑)

IMG_2231.jpg


2006/07/01(土)



>>まとめて表示
2017年04月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年08月  2016年05月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年03月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年09月  2007年08月  2007年07月  2007年06月  2007年05月  2007年03月  2007年02月  2007年01月  2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年09月  2006年08月  2006年07月  2006年06月  2006年05月  2006年04月  2006年03月  2006年02月  2006年01月  2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年09月  2005年08月  2005年07月  2005年06月  2005年05月 

  •  RSS