::::: 小梅母の徒然日記 :::::




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)


虫ネタやし
苦手な人は見ないでね。

『虫』ネタやから!!

3,4日前・・・
父がしいたけのホダ木を潰してて、見たことない虫を発見。
気持ち悪い類のモンではなかったけど、それでも虫。
素手では触らず、スコップに乗せたのを写真撮影。

虫が好きでも興味があるわけでもないけど、「なんて虫?」ってのだけでも知りたかったからね。

で、某虫専門サイトの掲示板で質問してみたんやけど、割とすぐに数人の人が答えてくれた。

そいつの正体は『オオゴキブリ』

オオ!ゴキブリ!!

一見するとゴキちゃんには見えへん。
朽木を食べて生活してるため、世に言われるゴキブリのように不潔感は無い。食べるだけでなく朽木の中で生活してる為(といわれてる?)羽が擦り切れてるから飛べない。
オオゴキブリが生息するのは自然がいっぱいな所・・・とか。
都会ではなかなかお目にかかれんらしい貴重?なモンって書いてるサイトもあった。

・・なら、名前を変えてやれよ!!と思うのは私だけ?
(* ̄m ̄) ププッ

っつ~か、父は密かに「ごっつい珍しい虫かも!」ってワクワクしてたみたいやけど(爆)
“オオ”がつくとはいえ、ゴキブリやったしぃぃぃ(笑)

さ!
写真アップするよ~~!!
小梅の写真の次がオオゴキブリの写真よ。

気をつけろっ!(長井風・・・すでに古いか・・)

IMG_2310.jpg





imageu.jpg

スポンサーサイト

2006/08/30(水)


最近
夜中に何度も目が覚める。
入院してた影響かも。朝も目覚まし無しで早起きっつ~か、早朝起きやし。o((*^▽^*))o ゲラゲラ

夜中の目覚めは理由はわからん。
暑かったり、手や足の位置が不自然で痛みを感じたりとかいろいろ。
でも、そのたびに目にする小梅の寝姿は、ほぼ二通り。

まずは

DSCF3128.jpg


こ~んな感じで、人の場所にはびこって大の字(というのか?)
めっちゃ気持ち良さそう(笑)

で、おもろいのがこれ。
っつっても、この写真は“やらせ”
夜中目覚めて携帯で撮ろうと試みるけど、上手い事撮れへんねん。

DSCF3136.jpg


これは無理矢理あお向けて、待て!で撮ってるから、夜中の寝姿とは違う。
夜中は完璧に仰向けで、後ろ足もパッカンと横開き状態、前足は胸の辺りで幽霊の如く。
顔も上向いてて、時には枕なんぞもしてるもんやから、ほんまに“寝てる”って感じ。
時々、口は半開き(爆

寝返り打って私や父にもたれかかって仰向けになりました・・・
ってんじゃないねん。
一人で勝手に自由に仰向け。

普段の姿勢とは丸っきり逆で、内臓とかに負担は無いんやろうか?とか、ほんまに寝入ってる(熟睡)してる時なんて「生きてるっ!?」とドキッとする。

どれぐらいの時間、仰向け姿勢で寝てるんやろう?
一回時間でも計ってみようか?

シングルベッドをほぼ一人で占領して、ちょこんと枕使って仰向けで寝てる小梅。
おもろすぎ (≧ω≦)
2006/08/29(火)


早朝に
来客でたたき起こされ・・・
涼しい時間帯を無駄にしたくなくて、蜂の巣退治(爆

庭側の屋根瓦に小さ目のが出来てて、ブンブン飛び回ってたんよね。
洗濯物も干せやしねぇ(●`ヘ´●;)
とはいうものの、相手はハチ。
スズメ蜂ではなく、ミツバチハッチやねんけど、それでも怖い。

蜂退治っちゅうものの、蜂退治専門の薬剤があるわけでもなく、まず水ぶっ掛けて、飛んでくる蜂には「ムカデコロリ」で応戦(笑)←基本的に飛んでるモン相手やし効き目はなかった。

やわくなったところで、細長い棒で落とす・・・

落ちた巣はトイに落下( ̄◆ ̄;)
もう取れない・・・

でも水の中に落ちたからか、時折吹き付けたムカデコロリが効いたのか、トイからポトポトと幼虫と蜂が落ちてくる。
巣を守るべく飛んでた蜂もおらんようになった。
よしよし!!

と思ってたら、昼過ぎぐらいから、又ブンブンと蜂が飛び出した。
名残おしいのか?乾いた頃を見計らって修復でもするつもりか?

真剣に蜂用の殺虫剤を買ってこんとアカンなぁ~


それにしてもなんで昼間、ここまで暑いかな?
38にもなってアセモ出来かけてるってどうよ?
小梅もエアコンつけてないとつらそうで、かっちゅうてつけてばっかりもおれんし、暑さにもそこそこ対応できる体も残しとかんとアカンしってんで、ベロが出るまでは我慢させる。
ベロが出たら夏恒例のアイスノン枕の登場。

「もちっと早よ出してくれてもいいけど」

IMG_2322.jpg


「(*´∇`*;△ はぁー 冷え冷えできんもちええがな♪」

IMG_2327.jpg


夕方、いきなりの豪雨!
雲ってきたなぁ~と思ってはいたけど、あないにいきなりめちゃくちゃ降らんでも( ̄_ ̄|||)

ま、おかげで窓も閉めんなんしエアコンつけれたから快適やったけど♪

2006/08/26(土)


朝は
びっくりするぐらい涼しかった!
昼間はまだまだ焦げそうやのに、こうやって秋になってくんやなぁ。
そういや、夕べはエアコンも2時間だけで朝までぐっすり!
退院してから、一度も目を覚まさずに6時まで寝れたのって初めてかも。

今は虫が入ってくる関係でエアコンつけてるけど、設定は27度。
それでも風のくる場所に居ると冷え冷え。
風邪ひくなよ私(爆

夕べ、今朝、お昼と3回目薬を点してる小梅。
目やには出てるけど、充血がマシになった感じ。
目薬を点すこと自体は何の問題も無いんやけど・・・さすがに3回からは、目薬の入ってる袋を手にするとハウスへ逃げ込むように(笑)
ふっふっふ( ̄皿 ̄) 逃げても無駄だよ、小梅さん♪

ところで・・・
話はがらっと変わるけど。

シュレッダーでの事故が取り上げられてるね。
あれってどう思う?
実際に怪我をした子供の親がクレームつけてきてんの?それともマスコミが騒いでるだけ?

吸紙口の広さ云々とか危険性云々とか。
吸紙口の広さ。。。分厚い紙も裁断したいから幅広になったんちゃうん?
危険性。。。電動の裁断機やねん。危険でないわけないやん。
カーテンをねじ込んで「見てください!こんなにズタズタに!!」って騒ぐリポーター。
アホか!?ズタズタにする機械やんかいさ。それが売りのモンやん。

子供がらみの事故が増えて、ありとあらゆる機械器具がそのたびに問題視されてるけど、親の責任はどうなん?

今回のシュレッダー事故だけを見てもそうやん。
危険なんは百も承知で、子供の手の届くとこに置いてたんやろ?
メーカー側がきちんと「近寄らせないよう」って注意書きしてるやん。
あれ以上どないせ~っちゅうの?
子供の指がどうやっても入らんようにしたらええのん?
で、辛気臭く一枚づつしかシュレッダー出来んでも文句は言わへんねんな?

そんなん言い出したら、包丁なんてどないすんのん?
包丁そのものに「小さいお子様には触れさせないでください」とか書くん?カッターナイフは?ハサミは??
使い方によって危険なモンなんて、家ん中ゴロゴロあるやん。
それで怪我するたんびにメーカーにクレームつけんの?

子供がおったら、危険回避は親の義務やん。
それを怠って、怪我してしもて文句言うん?
なんや、どこやらの公園で、ベンチからひっくり返って、後ろの植え込みに落ちて亡くなった子供も居たっけ?
気の毒よ、確かに気の毒よ。
これは公園側に「子供の集まる公園で危険を予測なかったのは不備」みたいな事言うてたみたいやけど、まだ一人で十分座ってられへん子供を一人座らせといて、目ぇ離してる親の責任は?
自分らの不手際は承知で、でもぶつける所がないからなん?
このお母さんは「自分達、親の責任っていうことは十分承知してます。承知してますけれど・・・」とは言うてたね。

それなら、道路は?
道歩いててこけて、コンクリで頭打って怪我したら?
「転倒すると危険ということを認識していながら、なんの措置も取らなかった」とか言うん?コンクリートをずべてクッション剤とか使わすんん?

なんか世の中おかしなってきてるよ。
そのうちアメリカみたいに訴訟大国になるんかねぇ??

IMG_2317.jpg


2006/08/24(木)


終わった!終わった!
お偉いさんの訪問が終わったぁ~~♪
すんげぇ偉い人なんかも知れんけど・・・
私からすりゃ「ただのおっちゃん」なわけで。

準備段階から「一体何様!?」って思いながら、上からの指示に従ってたけど、アワアワしてたのは支部長だけ??って感じ。
本人は、こっちが一生懸命したこととか“これっぽっちも”気になされておらず。

そりゃすごかったんよ。
ちらっと書いたけど、お出迎えの仕方から激励品の受け取り方、コーヒーの入れ方等々細かい指示がいっぱい!
前日には「花を飾って」とか言い出して、それらしい花瓶と花を持ってきた。
持ってくるのは偉いやろ?そこんとこは褒めてつかわそう。
けど、この花瓶に対して、花、こんだけっ!?って具合。
活けるのにどんだけ苦労したか。
っちゅうか、普段通りじゃないとこ視察して、何の意味がある?

支部長、支店長その他がお出迎え準備に早々来てたし、喋ること覚えんなんわで、 父も時間が迫るごとに緊張してきてる。
基本的に“外面”のいい私は、こういう時の緊張は心地よく楽しめる。
父の立場や、必死になってた支部長の立場とか考えて、それなりにネコかぶってはいたけど・・・
最後の最後に大笑いをとってしもた。

関西人の悲しい性!?
このまま返してなるものかっ!って思ったわけではないけど、話の流れで私に視線が注がれて、意識して答えたわけでもないのに、一同爆笑。
外で緊張しまくって立ってた支部長「(@∇@) 俺がこんなに緊張してんのに、何!?和気藹々!?」ってすんごいびっくりした顔してた。
o((*^▽^*))o ゲラゲラゲラ

当初の滞在予定は20分。
実際は30分の滞在でお偉いさんは帰っていった。

あ~~終わった!終わった!
なんやどっと疲れたぞ。
ってことで、エアコンの効いた部屋で小梅と小一時間ほど爆睡。
父の仕事も終わって、今度は大急ぎでお出かけ。
大仕事終えて、美味しいもんでも食べに行くのって?

ううん、小梅の病院。

朝のお手入れの時、左目に黄色とも緑とも言えないドロっとした目やにを発見した。ちょっと充血もしてる。
昨日までなんともなかったのに。
前にも同じような症状で目薬を出してもらったけど、同じかな?
目薬残ってるけど・・・5月で期限切れてるし。
トリミング行けてないから、目の周りの毛は気をつけてたけど、やっぱり入ったりもしてたんか!?と急遽目周辺の毛をカットだけはしておいた。診察するときに見やすいとも思ってさ。

本音を言うと偉いさんなんか知ったことか!病院連れてくし!!って感じやってんけど、現実はそうもいかず。

夕方の診察も、お世話になってる病院には間に合わん。
分院が、まだ近い所にあるから(っつ~ても高速使って一時間半?)そっちへ行くことに。

地図をコピーしてったにも関わらず、父のいつものくせで適当なとこ曲がるから迷ってしもた(怒!)
「元戻ろうよ」って言うが早いか、ワンコの散歩してた人を見つけて「あの人に聞こう!」って車止めてしまうねん。
快く聞いてくれて、説明してくれんねんけど・・・
さっぱりわからん(^^;;)
あげく「地図書きますね♪」って小走りで家に戻って、紙とペンを取ってきてくれる親切さ!
けどわからん!!
すんげぇ親切やねん、親切やねんけど・・・

結局は元の道に戻って一個目の信号曲がってまっすぐ・・・やってんけど、それを「詳しく説明してあげなければ!!」って気持ちからか、複雑に言わはるからヾ(;´▽`A``

書いてくれた地図を片手に、丁寧に丁寧にお礼をいい、お散歩の足を止めてしもたから、抱っこされてたチワワちゃんにもお礼を言い、ぶっ飛ばしたら受付終了の30分前には到着できた♪

40分ほど待って診察。
丁寧に見てくれる先生と優しい看護士さん。
診察の結果は「結膜炎」なんやけど、「もう少し様子見てもいいかなとは思ったんですけど、目のことやし・・・大げさでした?」って言うと「明日になったらもっと酷くなってましたよ。今はまだ軽い段階ですし4,5日の目薬で治るでしょう。早めにつれてきてもらってよかったねぇ(小梅に対して)」って。

父はさ「次の休み(27日)じゃ・・・ムリか?」って聞いてたけど、尻叩いてすぐつれてきて良かった♪

ところで、この先生・・・見たことある。
先生が退席したときに、看護士さんに聞くと小梅が本来お世話になってる分院で一時期仕事してたとのこと。

思い出した!!
2002年9月に、おなかに出来たポチを診てもらったわ!
「にきびみたいなものです」って言われてほっとはしてんけど、診方とか喋り口調とか・・・「インターンか?」と思うぐらいなんとも頼りなく感じた記憶がある。
当時の日記にもボロクソ書いたかも(爆

あれから4年??
えらい成長しはったなぁ~~ヾ(´▽`;)ゝ

最後の患者やったからか、先生も出てきてお見送りしてくれたんやけど・・・
思わず頭ポンポンとして「がんばったんやねぇ。いい先生になったねぇ」って言いたくなったし(笑)

060823.jpg


2006/08/23(水)


23日に
会社のお偉いさんが来るっつ~ことで、大騒ぎの我が家。
事務所の掃除、掃除、掃除!片付け!!片付け!片付け!
“普段通り”でいいんちゃうの?と思うが、そうもいかないらしく。

なんてったって、お出迎えの事からコーヒーの出し方までマニュアルが送られてくんねんもん。

一体何様??って感じぃぃぃ( ̄‥ ̄)=3

楽しみにしてた高校野球も結局見れたのは延長10回から。
しかしすごいね!!
駒大も早実もすごい!
早実のエースなんて、15回やのに140?後半が投げれるねん。

そういや、中学高校の時とか・・・
野球部のエースの彼氏が欲しかったなぁ~。
もちろん甲子園で投げるようなエースね。
タッチなんて、羨ましすぎ~~の世界。
みんなが注目するピッチャーが自分の彼!
自分はスタンドで声を枯らせて応援の応援、勝利で涙するシーンがテレビに映る。
キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー

アホや・・・

明日こそ決着がつくかな?
今日の試合見てたら、駒大でも早実でも・・・
どっちが優勝してもおかしくないもん。
楽しみやね♪

小学校卒業時のサイン帳。
(サイン帳を廻すって行動は今でも生きてる??サイン帳って死語?)
仲の良かった男子のほとんどが「3年後の夏、甲子園へ来い!」ってな事を書いてあった。
実際には、行っても「知ったやつはどこにもおらん」状態やってんけどね。
びゃははは (≧ω≦)b


野球ネタがらみで、小梅父の苦い思い出をひとつ。

「母さん、おれ、野球部入っていい?野球したいねん」
「アカン!」
「えっ・・なんで?」
「ユニフォームの洗濯が大変やし、遠征とかでお金かかるから!」

ここで反論できひん父も父やと思うけど、そういう理由で反対するってのもどうかと。

結局野球は諦め、何をしようか迷ってた父は体型もあって“相撲部”から強く誘われてたらしい。
でも相撲だけはいや!
そこで友達に便乗して見学に行ったのが柔道部。
そこでも体型を好まれ、「相撲よりはマシ」ってことで入部を決意。

帰宅して母親に告げると返ってきたのがこの言葉。
「柔道着も洗うの大変やん・・・相撲やったらマワシだけやったのに」

(´。`;)

今、柔道着の洗濯で苦労してるのは私。
濡れるとべらんめぇに重いねん。
それをハンガーなりに引っ掛けるのも一苦労。
母さんの一言、わからんでもないかも(爆


オケツをくっ付けて眠る父娘o((*^▽^*))o

IMG_2295.jpg


2006/08/20(日)


なんだかね・・・
喘息そのものは問題なし。
循環器系も問題なし。
体のホワホワフラフラした感じも無くなってきた。

順調に回復しております!!
と言いたいとこなんやけどさ。

ステロイドを一気にガンガン使ったせいなのか?薬が増えたせいなのか?吸入薬のせいなのか?

ベロが荒れて荒れて荒れまくってるねん。
ベロの全部が口内炎ちっくで、ヒリヒリするし、白っぽくなってボコボコしてる。

おかげで食欲もなく・・・
と言いたいところやけど、こればかりは全然落ちることなし!
むしろ『逆療法じゃ』と言わんばかりで(^^;;)

ステロイドの吸入薬を自己判断で中止して、これは日に日にマシにはなってきてるけどね。

後、皮膚に変化。
最初“あせも!?”と思ってんけど、よく見ると様子が違う。
水イボちっくな小さいものがプツプツと首、胸元を中心に出てきた。
今でも広がりつつあるねんけどね。

出かけたついでに薬局で見てもらってん。
「イボコロリ」でも使ってみるか~~って気軽な気持ちで。

ところが、一目見た瞬間に「体の中から毒素が出てきてる感じですね。水イボでもないですし、あせもでもありません」って。
漢方みたいな薬を出されてんけど、今以上に薬を増やしたくなかったから拒否。
したら「即効性はありませんが、おしっことして毒素が排出されますから」とはとむぎ茶を薦められた。
お茶なら、害も無いっしょ☆

首元に出来たプチプチを触りながら、いろいろ考えた。

入院してる時って、痰を出すためってのもあってお茶なり水なりをかなり飲んでたんよね。
トイレもしょっちゅう行ってた。
食事も制限食ではないものの、きちんとカロリー計算された病院食。
普段の我が家の食事に比べれば粗食に近い(笑)

ところが、家に戻ったらお茶はコーヒーに変り、トイレも激減。
食事も抑えてるとはいえ、病院食に比べたら・・・(^^;;)
点滴のステロイドは無くなったものの、吸入では取り入れてた。

なんか・・・
排出のすべなく溜め込んで、それが出るとこなくて表面に出たって感じ?

過去最高の禁煙日数を更新してるんやけど、貯まったニコチンが出てきてる?とも考えたり。

しばらくせっせと水分取って様子見ましょ。

小梅も不調。
ご飯の食いつきが悪いねん。
でも彼女のばやい、不調と言うより甘えてる感が強い。
なぜならば。。。

私の膝にドッグフードをポトンと落とし「かえこと(換えっこ)しよ?」って目で訴えてるから!
こっちが食べ終わって片付けに入るとボリボリ食べるし。

父はその「かえこと目線」に弱く、自分が食べてる物をひとかけらあげてる。
もちろん、ドッグフードと交換して食べるわけではないけど。
o((*^▽^*))o ゲラゲラゲラ


取り壊される前の盆踊りのやぐら。

IMG_2297.jpg


2006/08/19(土)


小梅のおやつを
調達しに、ペットショップへ行ったのは昨日のこと。
ネット通販で買うことが多かったし、洋服熱もおさえてたから、ショップへ行くんは久々やったん。

そこの店ではなるべくなら避けてた2階の生体販売コーナーへ久しぶりに上がる。
階段の途中から、ものすごい臭気o( _ _ )o~†
ノーリードで走り回るボーダーコリーとハスキーに挨拶しながら、プードルメインで見てまわった。

そこで販売されてる子・・・
真ん中のブースには「こんなちっこいのに」って思う2ヶ月にも満たない、売れ筋(?)のネコ、犬が展示されてる。

それを取り囲むように置かれた周囲のケースには月齢もいってしもた大きい子がほとんど。
プードルは多かったけど、そのほとんどが5ヶ月から10ヶ月ぐらいの子。黒、レッド、カフェオレ、ブラウン、ホワイト。
すべての子が汚い。
伸び放題の毛は汚れ、ホワイトの子なんて、口周りが「これ、取れんやろう?」ってぐらい変色してる。涙やけなんてレベルじゃないし。
足裏もボーボーで、踏んづけたウンニョがこびりつき、もちろん肛門周りもウンニョだらけ。

トリミングも併設してるくせに・・・
スタッフも見てる限り少ないとは思えん。
ほんまにこの子らの飼い主を見つける気あんの??
ただでさえ敬遠されそうな月齢になってしもてんねんから、せめて綺麗にすればって思うのは私だけではないはず。

さらに驚いたのがね、ガラスケースに張られてあるプードルの説明文。
どの子も一歳にならんのに小梅よりもはるかにデカイんよね。
大きいのはかまへんねん、健康で元気であれば大きさはいいねん。
せやけど、「成犬サイズ 3~8キロ」って何?
ティーカップと書かれた子のところには「成犬でも3?程度です」って。
値段を言えば「プードルフェア」のその日、定価は19万から38万。
すべての生体に会員価格ってのが設けられてて、最高の落差が「定価38万円、会員価格で9万円!お買い得です」のレッドの子。


まぁ・・・
そんな状態やからこそ売れ残ってしもて、ゲージの中で大きくなってしまう子が多いんやろうけどさぁ。

とにかく店を出てから父も私も無言になってしもた。
しばらく車を走らせたところで父が「あそこで大きなってしもた子って、どないなんねんろなぁ?小梅がおった店とか、別の店やったら、とっくに飼い主も見つかったやろうに・・・」とつぶやく。

小梅でも、先に兄貴だか弟だかが売れたからって事で、系列のショップ(そこはプードルの売れ行きが悪かったらしい)から回されてきた子やねんもんね。
縁ってあるんやろうけど・・・
元のショップに居るままやったら私とは出会えてへんやん?
だいたい小梅と会った日だって「黒の女の子のプードルを頼んでみよう」って気持ちでショップを覗いてんし。

ショップで売れ残った子の行く末を考えたくはないけど・・・
どうか、いい縁がありますように。


IMG_2292.jpg


2006/08/18(金)


義父のお見舞い
に行ったよ。
4日入院、8日OPEやってんけど、タイミング悪く私までもが入院してしもたから一度も顔出してなかってん。
父にはオペの翌日に行ってもらってんけど。

義母に「ボチボチ退院かも」って話も聞いてたけど、一応病院に行ったんよ。
したらば、義父が寝てたはずのベッドがカラ。
私は単純に「あ~退院したんね♪」と思ってんけど、小梅父はそこらへんおかしいねん。
「部屋が変わったわけでもないやろうなぁ?外出たら(家に)電話して聞いてみよか」

ナースステーションの目の前に立って言う台詞か?
すんごい冷たく「看護士に聞けばいいんちゃうん?」って言い放ってしもたし(^^;;)

「あ!そうか!!」ってアンタ・・・

すぐに病院を出て実家へ向かう。
寝てた義父を起こしてしもて、しばらく喋る。
義母は買物にでも行ってると思ってたけど、なかなか帰ってけ~へん。
「父さんが退院したし、安心して久々に打ち(パチ)に行ってるんかな?」とか言うて4時間ほど経ったら、汗だくで帰宅。

「買物行っててんけど、どうせなら新鮮な野菜を食べさせたいと思って、畑横の無人販売を探して歩いててん」

気持ちは立派!
取れたて野菜は美味しいしね。
病み上がりで、なおかつ食事制限のある父さんに、ちょっとでも美味しい物をって気持ちはすごいっ!!

けど・・・
「そう思い立ったんなら、自転車かバイクを取りに戻ってもよかったんちゃう?んな、何時間も炎天下を歩いたら、死んでまうで?」
そう言うと
「ほんまやなぁ~!!」
と大笑い。

20本ぐらいのきゅうり100円、なすび3本100円。
それごときで、母さんまで具合悪くなられたらたまらんって(゜▼゜)

ま、二人とも元気そうで良かった。

一回も覗けんで悪かったなぁ~って素直に思ってたからさ。

次は母さんが白内障の手術をするとかせんとか・・・
そうなると私も出てかん訳にいかんやろうしねぇ~( ・_・)

小梅はおりこうさんに留守番してたよ♪
おやつ買ってきたからあげようね~

IMG_2296.jpg


2006/08/17(木)


久々に
3人でお散歩♪

暑いんやけど、日差しがないから地面も熱くない。
長いこと不自由かけたし、のんびり行こう!

お約束のように川へドボン。
でも久々やったせいか、最初は腰も引けて恐る恐る(笑)

IMG_2300.jpg


入ってからはマイペースでピチャピチャ歩く。

IMG_2303.jpg


ボール見っけ♪

IMG_2309.jpg


(T_T)
足だけ洗えばいいと思ってたのに・・・
口まで浸かるとシャンプーや。

冷たい川で冷えた体を芝生で温める(この時期必要か!?)

IMG_2318.jpg


楽しいねぇ~

IMG_2314.jpg


顔、モサモサ(^^;;)

IMG_2312.jpg


帰ってシャンプーしてんけど・・・
準備して、お風呂場で待ち構えてる私の元へ父が小梅を連れてやってきた。
床に降ろしたから、お風呂の椅子を置き「はい、乗って」と言うと、ためらいもなくすっと乗り座る。
父が「すごいやんっ!なんで?」と激しく感動してる(笑)
いや・・・ここ数年はそうやけど??

「おれが!?ムリ!シャンプーなんて絶対無理っ!!」
と頑なに拒否してた父が、自分の指示でも小梅が動くのか試してみたかったのか?
「次は俺が洗ってみよかな?小梅嫌がるかなぁ?」と。

単純(爆

夜は“町”のお祭りにMさんとG君と出かける。
去年は小梅もハッピ着せて連れてったけど、今年はシャンプーしたてのところに汗がつくのも嫌やったし留守番させたよ。

2006/08/16(水)


今日は地元のお祭り
やけど、私にとっては大事な日。

7月にやった市民検診の乳がん検査の結果がきたんよね、入院中に。
勝手に見たらアカンと思ったのか、父は律儀に病室まで持ってきてくれた。

・・・( ̄_ ̄|||)
分厚いし。

父は「見~ひんの?」って聞くが、見るからに“何か”書かれてそうな中身が入ってそうな封筒をすっと開ける気にもならず、かといって気にならんわけでもない。
しばらく封筒を手に悶々としてた。
が、見んことにはどうしようもない。

明けて中身をごっそり取り出す。
一番上の薄っぺらな紙に書かれた文字は「出来るだけ早く精密検査を・・・」

やっぱりな。
エコーしてる時点で、なんや一箇所で異常にグリグリされてたし、カルテ(?)に書き込みもされてたから“なんかあるのね”とは思ったさ。

本来医療機関のモンが見るための封書・・・
しっかり糊付けされてたのを丁寧にはがし、中身を確認。
微妙な位置に微妙な大きさのものがある。

父は「検査してみんことにはわからんやん」と極力明るい様子で振舞うが、私は激凹み。
ママを亡くしてこっち病院と仲良しの私。
しかも喘息で入院してる時に乳がん検診で再検査?

子供産んでなくて、太ってて・・・乳腺腫瘍もやってて、母親がガンで死んでる。
「乳がんになりやすい人」の代表みたいなもんよ。
わかってる。
わかってるけど、いざ「ガンかもよぉ~~」って言われるとさ・・・

この結果は9日に来てんけどね。
すぐに友達にメール。
返事が来ず、何かあったかと思ってんけど次の10日には返事が来た。

実は私が「再検査やて~!ほんま次から次へと」って泣きのメールを入れた3分後にお父さんがご逝去。
返事をくれた10日は仮通夜の朝。

亡くなったことを知ったのは、これまた「退院したよ」って呑気メールをした12日。告別式が済んでからの報告。
私もママのことを知らせたのは告別式が終わって家に戻ってから。
やけど友達は、ママが入院してたのを知ってるから、呑気(?)なメールをよこすはずもなく、私を気遣うメールが多かった。

私は?
その日は自分のことばっかりでさ。

彼女に対しての気持ちや、彼女自身の気持ちや、自分のことや・・・

もう何が何だか!?状態で。

結果を知った9日以降、退院した12日、再検査の今日まで・・・
これでもかっちゅうぐらいナーバス。

幸いにも再検査の結果は『大丈夫でしょう。念のために3ヵ月後にもう一度検査しますけれど。』と予想に反したもの。
父も同行しててんけど、すごい大きいため息。
彼は彼なりに心配してたらしい。

少し元気になった。

体の調子もまずまず。
怠慢な入院生活してたせいで、動くとフラフラはするけれど、それもなれてくるはず。

少し涼しくなったら、友達とデートしたいな。
節目節目で会わんと落ち着かん。
男同士なら「酒でも飲んで」ってとこやろうけど、二人とも飲まんし。
こういうとき、女はやっぱり「食い気」に走るか?
○っちょ~~!
考えとけよぉぉぉ~~!

あ・・・
夏祭りはまぁまぁ。
会社の人が来たりしたし、ゆっくりは出来んかったけど、小梅つれて花火も見れたし。

060815.jpg


IMG_2290.jpg


2006/08/15(火)


入院までの経過
2日の深夜、ベッドに入った途端に咳き込んだ。
でもカラ咳やし「ほこり?」って感じるぐらい。
3日早朝、咳き込むと同時に胃液の逆流?!
焼け付くような痛みを食道周辺に感じ、飛び起きる。
その後も咳き込むたびに焼け、2時間ほどその痛みは取れず。
連休を控えていたため、大事を取って受診。

内科医師「咽喉の変化もないし・・・逆流性食道炎でしょう。カメラ予約しますね」

今まで自分が“胸焼け”だと思ってた症状は胃もたれや不快感で、今回の文字通り焼ける感じが胸焼けと知る。
薬の処方もなく、胃カメラの予約のみで帰宅するが、午後から咳き込みがひどくなり、咽喉も心なしか痛みだす。
夕方には「これ・・・喘息ちゃうん・・・?」という咳に変り、7日のカメラまで放っておくとマズイかもと考える。

なんとか我慢するが、そのうち呼吸困難ちっくになり、不本意ながら救急外来の門をたたく羽目に。
診察室の前に座った時には50メートル離れてても、ゼーゼーヒーヒーが聞こえる?ってぐらいの肺音。
診るなり「点滴して、吸入しよか」と当直医。

ところが・・・
循環器の薬を飲んでる加減で、使う薬に制限があるのか、私が思うような薬を使いたがらない医者。

同じ喘息発作を抑えるのでも、私的には「それじゃアカン!」と思う薬しか使わない。
この薬を使うことによって、心臓の方がってびびる医者の気持ちもわからんでもないが。

だもんで、通常ならば点滴開始後、ものの5分で「ラクになったかも~」って思うのに効かん!
幾分ラクになるものの、医者自身も「効かんなぁ」って言うほど。

それでもね、病院に来た時よりはラクなんよ。
結局は、昔も使ってたフルタイドって吸入薬を処方されて帰宅。

ラクな間に寝よう!とベッドに行ったものの、さぁ寝るぞ!と思う頃から「あれ~??」
しんどいし。

座った姿勢で前かがみにもたれ掛れるように、掛け布団をクルクル巻く。
とてもじゃないけど、横になんかなれへんから。

そのままの姿勢でウトウトしてたけど、あっと言う間に朝になった。

救急外来の分の支払いもあったし、ついでにもう一回診察してもらおうと病院へ出かけた。
夜間と同じ先生に診てもらい、症状の改善どころか悪化してるってことで、そのまま入院になったってわけっす。

いやいや・・・
喘息そのものが2年ぶりぐらいやのに、入院なんて!
しかも、通常「風邪ひいたかも。ヤバイかな」って思う前兆ってのがあるのに、今回はなし。
実際は風邪ひいたことがきっかけみたいやけど、一気にいきなり全部やってきたって感じ。
しかもほんまに「息できひん・・・」って呼吸困難。
血中酸素濃度を測るんやけど、あと1%悪くなったら「酸素吸入」ってとこまでいってた。
これが“年を取る”ってこと?とマジで凹んだし。

循環器の主治医と連絡を取り合い、使える薬が設定されて、それからは夜中も含む、日に3回の点滴と内服。
入院しても横になることは出来ず、ベッドテーブルにクッションを置いてうつぶせ寝状態。
4日目あたりで、傾斜45度で横になれるようになるが、一時間は持たず。

「上気道炎もあるから、なかなかおさまらんのかなぁ?しつこいなぁ」と首をひねる先生。
「とっとと○○(点滴製剤)と○○(ネブライザー)と抗生剤を出してくれたらいいのに」と咽喉まで出掛かるが我慢(爆
入院してんねんから、もっとはよラクにしてくれ!と思うが、気力がついていかず、文字とおり“まな板の上の鯉”状態の優秀患者。

家のことも、父のことも・・・
それ以上に小梅のことが心配やったけど、「小梅は大丈夫!」って思うのが精一杯。
父に託すしかなかった。
幸い、間に4連休とかあったしね。

結婚して最初の入院は急性胃炎で1週間。
今回2度目。

普段なんとも思わずしてる日常を、ここまで有難いと思う入院はなかった。
「健康っていいな」っていう大きなテーマでなく、例えば「横になって眠る」とか「深呼吸せんでも息が吸える(吐ける)」とか。

前の転勤では父が病院づいてた。
今回は私。
次は共倒れ!?

んなことにならんように・・・
摂生して、今以上にならんよう、少なくとも現状維持できるようにがんばりますか!!

IMG_2282.jpg


ほんまにたくさんのお友達に心配をかけてしまいました。
私のことはもちろん、小梅のことも(^^;;)
しばらくは通院っちゅうか、再び喘息治療を開始することになりそうですが、すっかり元気です!

ありがとうございましたm(_ _)m
2006/08/14(月)


ご心配おかけしました
11日の試験外出を終え、病院に戻ると主治医の診察の後、いきなり退院の話。
ま、状態としてはいいんやけどね。

一応、点滴の管は残したまま12日朝。
3人の主治医がかわるがわるやってきて診察。
目出度く退院となった。

っつ~か、なんで入院しとったんや?って話からか?(爆
それは後日。

11日の外出で家に帰るとき・・・
小梅の反応が気になった。

バタバタと入院になってしまい、小梅にすれば「あれ?」って感じ。
父が帰宅しても、玄関の方から目を離さず「なんで今日も父一人やねん」と責める目つきやったとか?
携帯で写真を送ってもらったり、テレビ電話で様子を見るものの、常に上目使いでなぁ~んか変。
ご飯もながら食いやし、あてつけのようにウンコを小出しにしてたみたいやし。

泣いて飛びついてくるかな?って気持ちもあったけど、なんとなく「無視」か「何事もなかったかのように」されるかのどっちかやと思ってた。
無視されても泣かんように構えたし(* ̄▼ ̄*)

車を降り、戸の前に立つ。
「くるくる舞い舞いン子してる?」って足音が聞こえる。
そ~~っと襖を開けると軟体動物に化けたかのような小梅がクネクネウネウネ、咽喉の奥からはキューともヒューンとも言えない声のような音。

さりげに・・・
あくまでも“さりげ”に「ただいま」と声をかけ座ると、飛びついて駆け上がってくる。

家に帰れたとか、症状がラクになったとか・・・
本来喜ぶべきことはあるけど、そんな次元の嬉しさでなく。
かといって涙が出るでもないけど、とにかく小梅に触れた瞬間にサブイボどわぁ~~~っ(笑)

それから一時間ちょっと。
私と小梅には父の姿は見えなかった(笑)
私には、何を喋っても「え?なんか言うた?」ってな感じで軽く無視され、もちろん小梅は寄り付きもしない。

5時間ほどの帰宅やったけど、とにかく小梅に触れてた。

病院に戻るとき、「ハウス!」のコマンドになかなか従わず、とにかく私にへばりついてくる小梅。
鳴きも入る。

私も泣きそうやん!!

でもあと数日やと思うから・・・
って言うてたら、次の日(12日)には退院になったし。

帰宅せんでも良かったかも~~と思うのは私だけか?

とにもかくにも・・・
やっぱり家はええわ♪

私の留守中・・・
父が事務所で仕事してると、しつこく側へ来たがったとか?
抱いて仕事も出来ひんので、仕方なく机の引き出し一つを片付けてクッションを置いたとか(≧ω≦)

photo.jpg


2006/08/12(土)


明日
試験外出。6日ぶりに小梅と再会今まで離れたとは言っても、せいぜい一泊二日。朝早く別れても、次の日の夜には再会してた。父に言わせると『最初の二日ほどやな、あれ?って様子ながらも普通やったのは。最近はおかしいで。いつもの小梅じゃない。あてつけのようにクソばっかしとるし、飯もすぐに食わへんし。』父が帰っても『また父だけ?』と冷たいとか。 でもなぁ~ なんとなくやけど、喜んで飛び付いては来~ひんような気がすんねん。ちょっと伺うように遠巻きに…って。寄っても来てくれんかったら、母泣くしぃ( ̄▽ ̄;) 私自身は予想外に長引いておりますが、ボチボチと回復傾向にありまする!
2006/08/10(木)



20060804221203
小梅一家の一大事( ̄▽ ̄;) 母、がんばるからね!小梅もがんばるんだよ! 元気に帰ってきますゆえ、皆様、どうかご心配なきよう…
2006/08/04(金)


先々月と同じく
先月もトリミングの予約が取れなかった小梅。

バーバー母のカットは父がどうしても反対するので、足裏と爪とチョン毛と尻毛のみのカット。
・・と思ってたけど、足裏はパット保護のために残すことにしてん。
別宅は板の間がキッチンだけやし、そのキッチンでは走ることがない。
本宅もフローリングにタイルカーペットを敷いてるし、遊んでる時も上手い具合にそこを走るから、滑ることは滅多にない。
ならば、火傷しそうな道路(状態で出る事は滅多にないけど)から守れる物を残しておいた方がいいもんね。

だもんで爪きりと言う名の爪やすり。

今使ってるのはこれ。
左のは私用に買ったものやけど、使いやすいことがわかってからはメインで使ってる。
右の青いのはピンポイントで当たるから、振動も激しかったんよね。

060802.jpg


左ので平らに磨って(?)、右ので逆立った部分を整えるって感じ。

後ろ足は抱っこしてて難なく出来るんやけど、前足が難儀する。
小梅とは逆の方向を向いて、腹をガシッと固定し頭も動かせないように半ば押さつけ状態(爆
で、前足を後方にクイッと曲げてやすりをかける。
チョン毛、尻毛は父の固定協力で。

最近じゃ小梅も考えるのか?
後ろ足で立っちして、ガンとして前足を付こうとしない。
ひたすら立ち上がった状態でスリスリしてきて「しちゃいやぁ~ん♪」

「そっか・・・そんなに嫌なんか・・・んじゃやめようか」
って甘い私じゃないから小梅さん(笑)

終わるとしばらくは私に近づきもせず、ひたすらハウスやクッションから恨めしそうに見てるだけ。

((((^Q^)/゛ギャハハハ

これは本宅で撮ったやつやけどね。

DSCF3097.jpg



そうそう。
おっちゃんちに居たパパも、おっちゃんの仕事初めをきっかけに昨日家に戻ったそう。
「やっぱりこっち(家)は涼しいわぁ~~下界は地獄やのぉぉ」
下界・・・
私も使う言葉やけど・・・
アンタは天上人か!
2006/08/02(水)



>>まとめて表示
2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年08月  2016年05月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年03月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年09月  2007年08月  2007年07月  2007年06月  2007年05月  2007年03月  2007年02月  2007年01月  2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年09月  2006年08月  2006年07月  2006年06月  2006年05月  2006年04月  2006年03月  2006年02月  2006年01月  2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年09月  2005年08月  2005年07月  2005年06月  2005年05月 

  •  RSS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。