::::: 小梅母の徒然日記 :::::




キーボードカバーと
マウスを新調したので、パソコン周りの片付けをした。
『適当』なところで終わらせることが出来ず、『とことん』やる羽目になり、結局一日仕事/(-_-)\
ま、綺麗になったけどさ。

うっすいポリのカバーが熱と傷みでボコボコになってて、半分以上のキーが見えん状態で打っててんけど、新しいのにかえたら新品みたい♪
七色に光るってマウスもキラキラ♪

一日かけて周囲を綺麗にし、備品を交換したりしたけど・・・
肝心のパソコン本体がヤバイ状態やねんしどうしようもないっちゅう感も否めへん(爆

デフラグしぃ~のキャッシュ消しぃ~の不要画像も削除しぃ~のとがんばってはいるけど、すぐにフリーズする今日この頃・・・
なんか音もデカイしさぁ。

5年になるかな・・・
ボチボチ寿命?
もちっとがんばってくれ~~
本宅に戻れば、父が使ってるタワーと交換なんやし。


ってことで、今日はアコヤ貝の収穫体験(笑)
3種類ほどの帽子からコレをチョイス。長靴、軍手、アコヤ貝見本で装備は完璧!
結構な観光客がおったけど、みんなせ~へんもんやねぇ?
恥ずかしいんかな?

IMG_2482.jpg


私がおっさん漁師になってる間、小梅は海女さんになってたし。

IMG_2476.jpg


こんな波でひるんでたら、立派な海女にはなれんぞ!?

IMG_2491.jpg

スポンサーサイト

2006/09/30(土)


夕べ
遅くに別宅に帰宅。

早く本宅に戻りたい戻りたいと思ってはいても、生活の基盤がこっちやからか?
戻るとホッとするね(^^;;)

のんびり片付けて写真整理してブログアップして・・・と思っててんけど、MさんとKちゃんベビーを見に行くことに。

G君が5年生やから・・・
10年ぶりになるんかな?
生まれて間無しの赤ちゃんを抱っこして、めっちゃ幸せそう☆

そうそう!
はじめてジュニアを見たとき「それほど大きく感じひん」って思ってんけど、よくよく考えればやっぱ大きいし。
っちゅうか、産まれて2日目に対面したわけやけど、今思えばとても二日目の新生児には見えん。
退院してから会ってん♪って言うてもおかしくない感じ。

IMG_2522.jpg


一昨日会ったけど、しっかり成長してたねぇ。
一重かな?って思ってたけど、しっかり二重の線が出来てた。
自分と同じ一重♪って喜んでたお兄ちゃんになったT君は泣くかも(笑)



ミキモト真珠島でのひとコマ。
期間限定で「あなたも真珠婦人に」ってのがあってさ。
観光地でよく見る、顔くり貫きパネルなんやけど、そこはミキモト!
希望者には真珠で出来たティアラをつけてくれる。
もちろんつけてもらったさ!
セットしてもらいながら、関西のおばちゃん丸出しで「これって幾らぐらい?」って(^^;;)
よく聞かれるのか(笑)「材料費だけで400万ぐらいですかねぇ」とスラスラ答えてくれる。
ま、それだけのもんらしいから、しっかり鍵付きケースに入ってて、写真撮ってる間もじっと側におったわ。

しかし・・・
間隔がわからんねんし、カメラ構えてる父も気をつけてくれればいいのにさぁ~~
首あらへんやん、私 (*`( 0 0 )´*)-3 ブヒー!!

IMG_2485.jpg


どうせなら小梅も(爆
さすがにティアラをつけてくれとは言えんかったけどねヾ(´▽`;)ゝ

060929.jpg


2006/09/28(木)


こんな感じで
IMG_2462.jpg


卵が出てきたらどう考える?
ゆで卵?生卵?温泉卵?

お宿の朝ご飯についてた卵なんやけどね。

触ると熱かったからゆで卵とわかってんけど・・・
スプーンは何のために?

イギリスの王族とかセレブな人達はゆで卵の黄身の部分をスプンで食べる・・・っちゅうのを聞いたり、実際テレビで見たりもしたけど、それ?
それにしてはスプーンがデカイような気もするしなぁ。

父は「これで割れっちゅうことか!?」とか言い出すし。

もしかして、「無知なのね小梅父・母って。クスッ」とか笑われるような事書いてんのやろうか、私??

一応スプンでコンコン叩いてヒビ入れて、普通に剥いて普通に塩かけて食べたけど。


伊勢方面での旅行中、あらゆるところであらゆる人に声をかけられる。
小梅をつれてるから・・・ではあるけどね。
今回びっくりしたのが、小梅の年齢を聞くほとんどの人が「何ヶ月?」って言うこと。
いっちゃん最初に聞かれたときなんか「私ですか?5ヶ月です」とか言いそうになったし(爆
5歳ですって言うと、一様に驚かれる。

肌のつやや皺で年齢を予測できる小梅ではないけど(笑)顎下なんて真っ白になってきてるのにさ。
顔がおぼこい(幼い)?
いやいや、年取ったからって老け顔になるわけでもあるめぇ?

夫婦岩で声をかけてくれた女性なんて、お連れの男性に「この子は目がつぶらなのよ。それでいて目の間隔もいい。鼻とのバランスもいいわよね」と熱心に語ってる。

顔鑑定とかされてるんでせうか?(あるのか?そんな仕事)
びゃははは (≧ω≦)b
人相を見るって聞くけど、犬相ってのもありかい?

0609271.jpg


0609272.jpg


IMG_2423.jpg


2006/09/27(水)


旅行から
戻った日・・・
お互いに疲れてたんやろうね。
ちょっとしたことで苛々苛々、喧々諤々。
おさえてるつもりやんやろうけど、言葉の端々行動にトゲがあり・・・

ウザ・・・
と思った私は「一緒におってもおもんないし寝るわ」と小梅をつれてさっさと寝室へ上がってしもた。
海にも入ったし私も小梅も風呂に入るつもりやってんけどね~。

今までやと、しばらくしたら父が「降りておいでぇ~な」と折れたフリして声をかけにくるんやろうけど、今回は来んかった。
いや・・・来たのかも知れん。
わからん。
なぜなら・・・
秒速で爆睡したから!!

私だって、ほんまに寝るつもりで上がったんじゃないんやけどさぁ。
いかんせん4時になんか起きてるもんやから眠いのなんのって。
気がついたら朝で、隣には父が寝てた。

おきて洗濯したり風呂入ったりしてると、父も珍しく早起きしてきた。

が、お互いに夕べのことがあるから口きかへん。
めっちゃうっとおしい家ん中(・・、)

でも今日は24日に無事に出産したKちゃんベビーを見に行ったり、電気屋行ったりと忙しい。
小梅も疲れと朝からの風呂のせいで寝るやろうし、お昼前には出かけたけど、病院に着くまでは無言(笑)
病院出てからも、父は今がチャンスとばかりに喋ってくるけど私は必要なことを答えるだけ。

さぶ~~~

ま、うちのケンカの話はいいわ(爆

Kちゃん!
3700越えのビッグベビーを割合安産で無事出産!
でも、実際のジュニアはそれほどびっくりする大きさではなく。。。

めんこいなぁ~♪

DSCF3177.jpg


DSCF3178.jpg


父、手の色悪っぅ~~(@ ̄□ ̄@;)!!
ニコニコ笑って喋ってたけど、その実私にむかついてたからか?
機嫌悪いと手の色変るんか?
カメレオンみたいなやっちゃな(笑


IMG_2428.jpg


2006/09/26(火)


二見にきたら
日の出を見なけりゃダメでしょう!?
ってことはないけど、関西で小学生時代を過ごし、修学旅行で二見に行った人にはわかるよね?
朝も早よから先生にたたき起こされて、枠んとこらへんで日の出をバックにした集合写真があるはず(笑)

060925.jpg


生憎、夫婦岩の間から日の出を拝めるのは6月ぐらいまで。
それでも、こんな条件のいい部屋に泊まってるんやし、夫婦岩ん所まで行かんにしても部屋からの日の出を拝みましょう!

ってことで、私が目覚めたのは4時。
気合入れすぎ(≧ω≦)
2時間ぐらいは余裕あってんけど、二度寝して起きれんで見逃すと悔しいから起きてた(爆
何度も何度も窓の側へ行っては布団へ戻りを繰り返す。
気にして私を見てた小梅も父の向こう側へ姿を消してしもたし。

ほのかに空が色づくけど、予報通りの曇り空。
それでもやっぱり、雲の隙間から「あそこか!?あそこから顔を出すの
か!?」と期待して、眺めることを止められへん。

明るくなり始めると、ちらほらと人の姿が目立ってきた。
みんな同じ事考えてるか・・・

でも同志はというと・・・
純粋に早起きなバリバリの年配か、彼女と日の出を楽しもうとか、新婚でウキウキとか、小さい子連れで愛する子供と日の出をビデオに納めようかっちゅう若いカップルのみ。

その日のうちに疲れの抜けない中途半端な父のような年齢の男は、今更妻を喜ばせようとかがんばることをしないらしい(笑)

私はどっちの部類やろう??
4時に起きてる時点で「年配組」か・・・ヾ(´▽`;)ゝ

結局単純に明るくなるだけで、赤かった空も所々の青空になりすでに「日の出」を喜ぶ次元でないことを思い知らされた。
仕方ない・・・
風呂でも入るか。

朝食もたっぷり頂き、名残惜しいがチェックアウトの時間。
ようやくカメラに収まってくれた看板犬のチェルシーちゃん♪

DSCF3156.jpg


人見知り、ワン見知りと言うことやったけど、小梅を抱っこしてたせいかウガウガ合戦をすることもなく、静かなお別れに(笑)

チェックイン時と同じく、少し車を置かせてもらったまま、夫婦岩まで観光。

IMG_2463.jpg


IMG_2466.jpg


おみくじを引いたりお参りしたりと堪能したら、次は鳥羽へ向けて車を走らせる。
小梅も割合自由でいられる「ミキモト真珠島」観光。
他の観光客の目もあるので、一応小梅を抱っこしてることが多かってんけど、レストラン以外では多くのスタッフに「ワンちゃんも降ろして、自由にさせてあげてくださいね」って声をかけられた。
真珠の値段は優しくないけど、ワンコには優しい島やぞ♪

IMG_2474.jpg


一昨年来た時には無かったイベントというかアトラクションというかが何箇所かにあった。
まずはこれ。
真珠が出来るまでを「あなたが説明してみませんか」ってなもん?

他の写真はおいおいと(笑)

お昼近くになってきたし、売店で粘っても、父は何も買ってくれそうにないので真珠島を後にし、再び二見の海岸へ向かうことに。

旅行に来てると言うのに、コンビニでお昼を買って海岸でゆっくり食べる事にした。
今日は帰るだけやし、砂まみれになろうが海に入ろうが、自由にしていいよ、小梅♪

IMG_2509.jpg


私もジーパンをたくし上げ、小梅にお付き合い。
日差しは、まだ夏に近いものがあったけど、海はそこそこ冷たかったね。

IMG_2498.jpg


貝殻がいっぱいあったのと、引く波で足元の砂を取られ、足がめり込むのにびびってたけど、それでも一昨年よりは波打ち際に近づいてたよ。
尻尾も下がってないよ♪

IMG_2504.jpg


いっぱい遊んで疲れたのか、座る父の側でまったりするようになってきたのでボチボチ帰ることに。

運転席と助手席の間で熟睡する小梅。
足腰を伸ばしたい・・・と休憩するのもはばかられたし。
途中から高速使って夕方には本宅到着。

はい、お疲れ様でした~!
楽しかったね♪
今日はいい夢見れそうね~~

・・・ところが・・・ (--X)


2006/09/25(月)


やっとこ夏休み!
ということで、飽きもせずの伊勢方面へ出発!
独身時代から数えて何度目ぐらい?数えきれん。
小梅連れでも3回目やもんねぇ~~(^^;;)

伊勢とくりゃ、おかげ横丁は外せない。
おかげ横丁の裏手、五十鈴川の橋の上でまずは記念撮影。

IMG_2412.jpg


さて、そぞろ歩きながら何を食べようぞ!?
ワクワクしてたけど、人の多さと暑さにげんなり(爆
そう、今日は日曜日。
平日でもお伊勢さんはすごい人やのに、よりにもよって日曜日に来るなんざ・・・明日にすりゃ良かったよ(T_T)

ま、めげずに恒例の赤福氷。
¥500になってたのにはびびったね!白玉が入ったりとバージョンアップはしてたけど、出始めは¥350やったのにさ~~
ブツブツ言いながらも食ってる私を暑い視線で見つめる小梅(笑)

IMG_2422.jpg


いろんなものを食べながら散策。
期間限定のお祭り「来る福招き猫まつり」にもワンコ連れで乱入。
っちゅうか、伊勢神宮はNGやけど、おかげ横丁はワンコOKやし、あちこちで、いろんなワンコとすれ違ったけどね。

あまりの人の多さと暑さでフラフラしてきたし、もう食べたい物も無いってことで(基準はそこかっ?)お宿方面に向かうことにした。
チェックインには時間があったけど、車を止めて荷物を預かってもらって近辺を散歩。
お宿の目の前が松林で海やから時間潰しには事欠かない♪

おかげ横丁では踏まれそうやったから抱っこが多かったけど、潮風に吹かれながら自由に歩くと気持ちいいね。

IMG_2431.jpg


今夜のお宿「まつしん」さんをバックに。
二見海岸のお宿の中で一番海に近いところにあるんよ。

IMG_2441.jpg


お部屋は角部屋。
全面が窓で、近づくとちょっと怖かったりしたし。
台風の時なんかすんげぇ怖いかも・・・ここ(笑)

IMG_2439.jpg


部屋からは夫婦岩もばっちり!

IMG_2452.jpg


旅のお楽しみ、宿での夕食。
名前まで書かれた舟盛にお刺身がたっぷり!
鯛なんか小ぶりとは言え、一匹丸ごとのお造りよ?

IMG_2454.jpg


ほんまは伊勢海老をもっともっと食べたかってんけど、そこはそれ、別料金やし。どうせなら伊勢海老だけじゃなくアワビとかも・・・ってなりそうやん?
スロットで3万4万と負けるくせに、こういう時にドドンと出せないみみっちさ( ̄_ ̄|||)

ま、いい。
かなり満足したお料理やったし♪
だいたい伊勢海老とかは、腹一杯食べるようなもんじゃないしね。
いえ、決して強がりでなく((((((((^^;

朝が早かったせいもあり、おなかが一杯になると後は眠たいだけ。

心配してた小梅のチッコ。
散歩ではしてくれず、部屋に入って設置したトイレに誘導するとあらびっくり!
難なくチィ~~♪っと。
寝る前にも、あいよぉ~!って感じで即チィ~~♪

なので布団を敷いてもらったらバタンキュー。
っつ~か、小梅さん、リラックスしすぎ!
o((*^▽^*))o ゲラゲラゲラ

小梅も疲れたね。
明日もあるから早く寝ようか♪

IMG_2461.jpg


2006/09/24(日)


運動会日和
ってことで、今日は隣の小学校の運動会。

仕事関連で父も行ってるし、G君もがんばってるから覗きに行こう!
・・・とは言うものの・・・

G君は学校でお弁当を食べるんやけど、G君パパママとママのママと一緒に我が家でお弁当(し出し)を食べることになってるから大変!
G君の家は学校から20分ぐらいやし、一旦戻って・・・ってのもキツイやん?せやし、毎年の恒例なんやけど、今年はママのままが一緒やし。

「ごめんなぁ~。いつも通りにうっちらかってるけどぉ」ってな訳にはいきません(^^;;)

明日からも忙しくて、その準備もあるしでてんやわんや~~

って事で、明日から5日ほど・・・
お休みさせてもらいます。
あ、とても元気なのよぉ~~父も私も小梅もね。
でもとても忙しいもんで、パソコン触れないっす。

IMG_2365.jpg


2006/09/23(土)


今日は
喘息の方の病院。
主治医じゃなかったし、症状もないんやけど、薬が切れたしね。
「私は知らんけど、相手は私を知ってる」状態の地元やから、待ち時間は車で過ごした。

携帯アプリで、ジャイパル(ジャイアントパルサー)のビタ押し練習。
わかる人にはわかる話よね(爆

ま、病院は問題なく終了。

昼からも父の書類作成の手伝いはしたけど、いつもと変らん平日。
今から週末からの連休の予定を立てるべ♪

この顔の後で

DSCF3149.jpg


こんな笑顔されても・・・

DSCF3150.jpg


可愛いな・・・ヾ(´▽`;)ゝ

で、相変わらず背景は汚い。
っつ~か、同じ日に撮った写真やし。
2006/09/21(木)


お祝いディナーは
父のリクエストで串かつ屋。

前から気になってたけど、怖くて食べられへんかった串ネタに挑戦。
パイナポー(ー"ー;)
中華で、酢豚に入ってるパイナポーも許せへんねんけどね(笑
小指の先ほどのパイナポー・・・
普通にソースで食べぇの、塩で食べぇの、酸味繋がりの梅ソースで食べぇのしたけど・・・
私的にはパス。
パイナポーはパイナポー。
果物として食すのが一番!!

主役の父は(つっても二人で行ってるし)ビール5杯に串を66本。
終始ご機嫌さんo((*^▽^*))o

私?
私は41本。

自他ともに認める大食い夫婦やし、ホンジャマカ石塚の「まいうぅ~♪」を見て私を思い出す友達もおるから別にいいんやけど・・・
串ネタの一つ一つは、小指の先ほどの大きさですので。
念のため。

♪~( ̄ε ̄;)

060919.jpg


留守番してた小梅におみやは無いけど、寝る直前までたっぷりたっぷり遊んでご奉仕活動(笑)

IMG_2369.jpg


2006/09/19(火)


小梅父が
42歳になった。
Happy♪(* ̄ー ̄)ノ”iiii Birthday♪

知り合った時は血気盛んな(笑)ピチピチ26歳。
いつの間にこんなおっちゃんになってしもたんやろう・・・

( ̄_ ̄|||) お互い様か。
今日は仕事やから、明日の夜、外食でお祝い♪


ってことで、皆様ご無沙汰でございます。
ちょっとおさぼり病でした(^^;;)
体調が悪かったりとか小梅の具合が云々とか、そういった類ではなく。
ただ、先月入院したりしてたので、心配かけてしまいました。
おさぼりに入る時期が悪かったかな(爆

小梅はすこぶる元気!!
毎日ンガンガとおもちゃと格闘。
散歩しててもすたこらさっさ。
でもってこの笑顔。

DSCF3145.jpg


カメラを構えた時には被写体だけでなく、背後にも注意するべし。

DSCF3146.jpg


ゴミの看板は無いけど、年季入ったベンチがモロ(~▽~;)

それと・・・
よろずや小梅、122222カウントHITしました。
たくさんの皆さんが遊びにきてくれているおかげです。
☆⌒(*^∇゜)v ありがとう!

とお礼を言いながらのお詫びです。

Count.gif


自爆しましたm(_ _)m
開設してから、何度となく設定してきたキリ番・・・
自爆したのは初めてです。
不覚っ


2006/09/18(月)


数人の方には
メールさせてもらいました。
が、アドレスがわからない方、および私が知らなくとも、私のブログを見て関心を持ってくださった方には申し訳ありませんが、こちらでお詫びさせていただきます。

ご存知の方もいらっしゃるでしょう。
ご存知ない方には説明するのが筋ではありますが、これ以上広めたくはないという理由から、詳細は省かせていただくことをお許しください。

今回の北海道での事件。
私は今後一切関わらないことにしました。

ネットは便利ですが、同時に恐ろしい物でもあります。

憤り、怒り、ふがいなさ・・・
あらゆる感情に押流されそうですが、もっと辛い思いでいる友人がいます。
会ったこともなければ、話したこともない。
そんな人達よりも友人が大事です。
誰だって家族を、そして今の生活を守りたい。
そういう観点からネットから離れることに決めた彼女に対して、何も出来ない私が出来る唯一のことがこういう形になりました。


係留はやめましょう。
モラルある飼い方を。
亡くなった犬に対しての気持ちは変りません。

でも、当事者達までもがブログを閉じてしまう結果になった以上、彼女の死を無駄にしないで!と私が叫ぶ意味もありません。

こんなの誰も望んでないのに。



2006/09/09(土)


なんだかなって
思いのここ数日。

小梅と過ごしながら、当たり前のようなこの時間が、ふとした瞬間に当たり前でなくなる可能性もあるのかと思ったり・・・
散歩で歩いてても「このリードがブチッと切れたら」
ロングリードで遊ばせてても「足にからまって骨折したら」
車に乗ってても「追突されて飛び出したら」
歩道を歩いてても「酔っ払いの車が突っ込んできたら」
        「すれ違いざまに蹴られたら」
家にいるのが安心?
トラックが前を通ると揺れる家「次に大きいのが通って崩れたら」

いろんな事考えてたら、なぁ~~んも出来んしどこにも行けへん。

小梅を守るべく、普段から気をつけてはいるつもりやけど、予期せぬことがいつ、どこで起こるかわからへん。

水を飲みにいき、私の元へ戻ってきた小梅の顔。
先のことなんて考えてない。
過去を振り返る様子もない。
『今』を生きてるだけ。
生きていくのに計算なんてしてない。

後悔って意識を持つのは地球上で人間だけとか?
「・・・れば」「・・・たら」
でも、だからこそ「二度とそんなことのないように」って対策を講じたり、改善しようという気持ちも芽生えるわけで。


何が言いたいんだろうね、私もさ(^^;;)

IMG_2358.jpg


2006/09/07(木)


何か
事が起こると、その一つの事柄に対しての意見ってのはいろいろ。
知る人が多くなればなるほど、メリット・デメリット共に増えるのも仕方ない。それは当たり前のこと。
でも、それをあえて口や文字にしなきゃならんかな?

今回の百代ちゃん事件。
取り上げているブログやサイトのコメントや掲示板には圧倒的に多い同情の声に混じって「店外に係留しておくのが悪い」ってコメントもある。
励ましやお悔やみの言葉を言う人に対しても「犯人のことばかり責めて、係留してた飼い主は責めないのか」ってな意見もある。

そんなのね、わかりきってることとちゃうんかな?
飼い主が「私と百代のような思いは絶対にしないで」って言うてるやん。誰よりもわかってるのは飼い主やん。
それにね、同情コメントを寄せる側も、風化させないようにって広めてる側も、ただ「犯人憎し!」で起こしてる行動じゃないやん。
口に出さずとも「愛犬を守れるのは飼い主だけ」ってすべての飼い主に警鐘を鳴らす意味、自分自身も改めて意識するようにって思いもこもってるねん。
そんなこともわからんのかな?

数社の新聞には掲載されたって話も聞く。
よくも悪くも多くの人の心に届くことは間違いない。



ここ数日の我が家ですが・・・

2日は本宅に戻ってました。
今回はパパも来たしね。
3日は、パパがくれた私の“お見舞い”でウォシュレットを買いに行った。
本宅は暖房機能しかなかったから。
父とパパが大汗かきながらがんばって取り付けてくれたよ。

060903_175146.jpg


4日はやっとこ行けた小梅のトリミング。
前回同様細くなって帰ってきました(笑)

カット前

IMG_2335.jpg


カット後

060905.jpg


2006/09/05(火)


多くの人が
すでにあちこちで目にされ、ご存知のことと思います。
百代ちゃんのこと・・・

各々がホームページやブログにリンクし、もっとたくさんの人に真相を知ってもらいたい、犯人のことを許しちゃいけないと声を大にして叫んでいます。

一人一人の力は小さくとも、その小さい力が集まれば大きな力になりえます。

被害者は百代ちゃんだけではないんです。
こういう奴を野放しにすると、次の被害者が出るんです。
「犬のことやん」・・・じゃないんです。
聞いたことはないですか?
最初は虫のようなちいさな生き物、それでは物足りなくなり小動物から犬猫になり、あげく人間の子供に・・・という犯罪者の心理を。

「ウロウロしてた子を保護しただけ」
そう嘘をついてくれてもよかったんです。
「可愛かったので思わず・・・ごめんなさい」
そう素直に言ってくれればよかったんです。
それだけでも、小さな命は助かったのに・・・

でも・・・
そういう事すら出来ないくせに、捜索を打ち切らせたいが為の嘘をつき、証拠隠滅のために鬼畜行為をする女なんです。
精神的におかしい??
いいえ、十分に考えて行動する知能犯なんです。

相手は札幌やし・・・?
札幌だけのことじゃありません。
狂った奴はどこにでもいます。
野放しにされたこの女が、あなたの隣に越してくるかも知れません。

この女の野放しを許してしまうと、次に同じようなことをした鬼畜までもが野放しになるんです。
前例を作っちゃいけないんです。

あなたの子供を、愛犬を愛猫を・・・
守りたくはないですか?



http://www.coffee-klatsch.net/tv.html
テレビ局のリンクリストです。



2006/09/02(土)


不安定なこの気持ちは
どうしたら落ち着くんやろう?


数日前、一匹の犬が行方不明になった。
飼い主と友人は、足を使ってはもちろん、ビラ配り、ネットを通じての情報を求めたり、それはそれは懸命に捜索活動をしていた。
事情を知った者は、自分のサイトやブログ上で情報提供を呼びかけた。

同じように犬を飼う者同志・・・
知人だなんだは関係なく、皆気持ちは一つ。
再び飼い主の元へ元気に戻ってくることを願っての行動。

動きがあったのは昨日。
飼い主の友人のブログに交通事故の目撃情報があった。
が、何故か素直にこの記事を受け入れられない。
「最悪の結果やわ」と小梅父にも報告したが、互いに「なんかおかしないか?」との気持ちが拭えない。

「車に乗っていた人は男性で中年の方でひいた犬を車のトランクに入れていました。」
コメントにはそう書かれてあったから。
父と私の意見は一緒。
「頭割れて・・・ってことは血だらけやん。自分が撥ねたから言うて、息のある子を病院へっちゅうんならわかるけど・・・死んだ子を連れてどないすん?他所へ捨てるってのも意味無い話やし」

夕べはそのまま寝たけど、何故か早朝に目覚めた今朝。
その後が気になったから、すぐにパソコンを開け、まずはネット上で協力してる友人のブログを覗く。

予想もしなかった結末。

一時期に比べ、かなり朝は涼しくなった。
でも、それだけでは無い寒気を感じる。
体が寒いんじゃなく、心の奥底から生じる寒さ。

かいつまんで言うと
「犬を連れ去った女が、見つかったことにうろたえてか、証拠隠滅のつもりなのか?飼い主の目の前で6階のベランダから犬を投げ落とした」


犬は『物』扱い。
飼い主にとっては我が子のように可愛がってる犬。
人の手にかかり殺されても『器物破損(損壊)』でしかない。

その観点からか、それとも犯人逃走の恐れがないからなのか?
その女は事情聴取を受けて、一旦は家に帰されてる。
知人に聞くと「すべての犯人を拘束するわけでは無い」とのこと。

詳細はわからない。
今知ってるのも100%確実な情報かどうかはわからんけど・・・
ー犬は連れ去られた。
何故?可愛かったから?犬好きやけど買えへんから?
ー前は違う犬を連れてた。
常習??
ー子供を連れていた。
そんなヤツが母親やってんの?
交通事故情報も詮索を恐れての自作自演行為とか。

どう考えても理解できん行動をする、頭のオカシイ奴の気持ちなんてわかりっこない。
でも、飼い主の気持ちだけは痛いほどわかる。
あと数歩で手の届いた愛犬が、探して探してやっと見つけた愛犬が、目の前で悪魔の手で殺められる。

こういう時、法律はどうなん?
器物破損でしか無いわけ?立件できれば窃盗罪もよね?
でも相手が頭のおかしい奴となると、よく聞く「正常な判断が出来る精神状態ではなく」とかなんとかで野放し??

前述したけど、ひょっとしたら前科があるかもって奴よ?
第二の被害者(犬も人も)が出るかも知れんのよ?

側で寝てる小梅を見て、自分に置き換えて考えてみた。
こんなことがあった以後、心身ともに元の生活に戻れるとは思えへん。
「小梅が人の手にかかって死ぬようなことがあったら・・・私は犯罪者になることも厭わない。」常々そう宣言してた私。
その女の子供を同じように投げ落としてやろう。日常生活が出来ないぐらいその女に復讐してやろう。
真面目にそう考えた。

罪人がしっかり罰せられないと、起こらなかったであろう犯罪までも引き起こすことになる可能性もあるってこと。

警察が役に立たないなら、動物愛護団体だとかマスコミに訴えてもいい。署名ってのもいい。
数年前に起きた「こげんたちゃん事件」のM・Jのように、某巨大掲示板で晒してやったら??

狂った女のせいで、今どれだけのまともな人間が理性を失う感情を抑えきれずにいるか。
悲しみとも怒りとも、なんとも言えない感情で戸惑ってるか。

投げ落とすと言う行動で、今「子猫殺し」で話題になってる作家と、今回の狂った女の顔がかぶった。


この現実とも思えない事件・・・
にわかには信じられず。


この記事・・・
警察だ愛護団体だメディアだって叫んでても、実際のところ飼い主さんがどういう気持ちになるかはわからへん。
亡くなってしまった愛犬と静かにしてたいかも知れん。
だから飼い主、協力してた人たちへのブログ掲載報告もしていない。
場所、人物が特定できないようには配慮したつもり。

また適切ではない表現があることもわかってる。
でも、でも!
こういう事件があったこと、狂った奴が世の中にはおるってこと、大勢の人にわかってもらいたくて。
自分の抑えられん感情だけで書き綴ったものなのでご理解願います。


追記・・・
詳細がわかりました。
飼い主あきさんの「たくさんの人に知ってもらいたい」という気持ちを知り、あきさんの友人まこちさんのブログをリンクさせてもらいます。まこちさんには連絡済みです(事後報告っぽくなりますが)

http://blog.goo.ne.jp/pochi0320/


ブログにぶちまけて、友達と電話して・・・
少し気持ちが落ち着いたのに、犯人が百代ちゃんのことを「こうめ」と呼んでいた事を知り、体中が怒りで震えた。
こんな狂った女に「こうめ」の名前を呼んでほしくなかった・・・
そういう問題では無いことを重々承知しつつ、これも嘘偽りない気持ちなので。。。


2006/09/01(金)



>>まとめて表示
2017年04月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年08月  2016年05月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年03月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年09月  2007年08月  2007年07月  2007年06月  2007年05月  2007年03月  2007年02月  2007年01月  2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年09月  2006年08月  2006年07月  2006年06月  2006年05月  2006年04月  2006年03月  2006年02月  2006年01月  2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年09月  2005年08月  2005年07月  2005年06月  2005年05月 

  •  RSS