::::: 小梅母の徒然日記 :::::




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)


テレビ番組の
ロンハー・・・

その中に、「原石を探せ」ってなコーナーがあるのね。
普通の女の子を芸人がプロデュースして変身させる・・みたいな。

チュートリアルの徳井くんが、その原石の女の子を捜しに
京都に来てたのさ。

京都って見た瞬間に私
『わざわざ探さんでも、ちょっと電話くれたら飛んで行ったのに』って言うたの。


『いや・・探してるのは原石で“岩石”ちゃうし』


・・・・・・・・









さえてるやないか、おっさん・・・(-"-;)


くらえっ!!岩石パワァァァァァッ!!







いや、小梅が観念する必要はないよ(^0^;

2009020618200000.jpg

スポンサーサイト

2009/02/26(木)


映画ネタ
チェンジリング

ノンフィクションなだけに引き込まれた。

結構長い映画で、時間の確認はしてなかってんけど
「ほほぉ~ラストはこうか・・」
「えっ?まだあんの!?」
続きの展開にびっくりすること数回。

処刑シーンの描き方や、精神病院での拷問シーンには驚いた。
さすが、イーストウッドって思ってしもたさ。
あ、ウエスタンチックな部分もね(笑)

約80年前の実話を描いてるんやけど
町並みなんかの時代背景をマッチさせるのは至極当然。
素晴らしい!と思ったのが『色』
モノトーン調で仕上がった映像が、観客を引き込む重要な要素になってると思えた。

そして
今までとは違ったキャラクターを演じるアンジーにも興味があった。
子を思い、身体を震わせ涙する。
権力に立ち向かう凛とした姿。
見事に演じてた。

早々には「派手な顔立ちやし、この時代になんで真っ赤なルージュ・・」
って違和感を感じたけど
先にも書いたような“モノトーン”の映像の中に
当時の、立場の弱い女の
心の奥底に潜む強い部分、
子を思う母親の信念の強さを表してるんやなと思えた。
モノトーンの中の赤。
印象的やった。

精神病院で知り合ったエイミー・ライアンがアンジーに言う。
「時には汚い言葉も必要よ」
エイミーをたしなめたアンジーが後半に口にする
「クソ食らえ!」

今までの彼女のキャラクターなら納得できる言葉。
やのに、この映画で口にした時は
「(はじめてやのに)よぅ言うた!!」って思えるほど。
それほどまでに、かつてのキャラクターを感じさせない演技。

“権力”って昔ほどではないにしろ
現在もはびこる権力の悪。
でも「(弱い立場のもんでも)やるときゃやるのよっ!」
「やってやれんことはないねんっ!」
って奮起を促されるような・・・
観ている者に“真実は一つ!戦える”
そう訴える意図があったのかなかったのか・・(笑)


そして日曜日・・・
義弟のお見舞い。

また怪我。
ってか、前回の右腕骨折の話は書いてたっけ・・?
まだ右腕リハビリ中やのに、今度は左足。
開放粉砕骨折。

作業中に重機と倒れてきた電柱にはさまれた。

去年の心臓から始まり、痛風に腕の骨折に
今度は足。
今回は長引きそう。
厄払いにつれてこうか・・・


おかげで私は留守番ばっか・・・

DSCF3611.jpg



2009/02/23(月)


記念日旅行二日目
隣の部屋の声はさほど漏れへんかってんけどね・・・
部屋の戸を開け閉めするときの音が結構聞こえてさ。

小梅が反応すんのよ。
ワンワン吠えるわけではないけど、わんっ!と一声吠えてみたり
グルゥゥゥゥ~て怒ってみたり。

うちを入れて8組が泊まっててんけど
犬連れは我が家だけ。
やっぱり気になるもんやから、ぐっすりとは眠れんかった。

何回ぐらい目覚めたかな・・?
結局5時すぎに目覚めたときに
「風呂いってこよう・・」
と大浴場へ。

ものすごい寒かったし、露天の洗い場はつらかろうと(爆

大浴場で体を温め、部屋に戻って即効露天風呂。
あごまで浸かって「おぉぉぉぉ~」っておっさんみたいに入ってたら
「今、風呂から戻ってきたとこちゃうん?」って
父が起きてきた。

交代で父もお風呂。

小梅は一人、布団で寝てるし。

朝ご飯まで後30分。
朝食は大広間。
小梅の入室は不可。

部屋に置いといてもいいらしいけど
一人のところへ布団上げに入ってきたりしたら吠えるのは必至。
慣れんところで一人にするよりはってことで
車で待たせることに。

車を暖めるのに、早めに部屋を出た。

すがってヒュンヒュン泣く小梅に後ろ髪をひかれながらも
心ん中では
「あっさご飯~あっさご飯~♪」

大広間のふすまをあけた途端に引き返したくなった。

シ~~~~~ン・・・

5組のお客が食べててんけどね・・・
すっげぇ静けさやねん。

誰もおらんのかって感じ。

あまりに静かなもんやから、余計に気をつかってか
ご飯食べるくちゃくちゃ言う音どころか
お味噌汁をすする音すらせ~へん。

「おはようございます」って声をかけられて初めて
仲居さんが座ってるのがわかったぐらい。
おかわりの声かけを待って、おひつの前でしゃもじ持っていはってん。

ほんま異常なほどの静けさ。
あんなんはじめて。
っつ~か、楽しい朝ご飯・・・
こんなん絶えられへん!!

最初こそ小声やったけど、喋ったさ。
わざとに近いぐらい喋ったさ。
「これ何やろ?」とか無駄にも思える話もしたさ。

そしたら、他の人も耐え難かったんやろうね。
次々に会話をしだした。

仲居さんもお客に話しかけだした。

んまに、あんなんご飯のおかわりどころか
お箸もすすまんって。
いや、おかわりはしたけどさ。
お味噌汁のカニ身もすすったけどさ。

なんか音楽かけるとかすりゃいいのにねぇ~

楽しみにしてたのに、一気にテンションさがったせいか?
ご飯2膳しか食べれへんかったし。


小梅を迎えに車へ戻ると、外は雪。
サラサラ雪ならともかく、微妙に気温も高いもんやから
ベチャ雪。
夕べからの雨で、芝生もベチャベチャ・・・

ん~
遊ばせられへんなぁ、これじゃ・・

海はあきらめるか・・・

早めに出ても仕方なくなったので、チェックアウトぎりぎりまで風呂(爆

IMG_3636.jpg

IMG_3633.jpg

漁港のそばのお土産もん屋を覗く。
水槽でうごめくカニをグワシッと掴んで貪り食いたいのをこらえながら
お土産を物色。

雪が本格的に降りだしてきたので帰路に着くことに。

車に乗ると、小梅もとっとと寝だす。
小梅も疲れたんかねぇ・・・
まっすぐ帰ろうか。

半分ぐらい戻ったあたりで、ちょっと晴れ間が出てきた。
都合よく“運動公園”の案内。

小梅も察してか?
ヒュンヒュン言い出したので寄ることに。

ひっさびさ、2年ぶりぐらいに外ちっこ。
ついでにうんにょ。

出すもん出したらご機嫌でとっとこ歩きだした。
ロングリードに変えたらウロウロウロウロ。

IMG_3641.jpg

最近、こういうの見るとトンッと乗るんよね(^^*)

IMG_3639.jpg

楽しかった?
さ、帰ろうか(^O^)

2009021413320000.jpg





2009/02/16(月)


バレンタインは
結婚記念日。

93年に結婚してるから・・・
16年?!

16年!?

すごくない?
よ~辛抱してるよなぁ~ お互い(爆


そのうちの半分は小梅が一緒♪
幾度となく訪れた夫婦の危機回避に一役も二役もかってる。
結婚記念日は「間に居てくれてありがとう」と
小梅に感謝する日。

あ・・・
一応さ、バレンタインっちゅうことでチョコも買うよ。
一応ね。
拗ねそうやしね。

当日は父が仕事で不在。
私的にはぜんぜん平気やってんけど
気を使ってか、泊まり明けの次の日に休みを取った。
日月か・・・

おしっ!
去年どこにも行けてないんやし旅しよう!
新しい車の遠出にもぴったり♪

一度行ったお宿でもいいけれど、
新しいところも開発したい。

温泉で~カニメインで~小梅もフリーで~
出来れば部屋にも露天風呂があって~~

検索検索検索検索・・・・・


ありました!
ってか、空いてた!一部屋だけ!!

いっやぁ~~ん♪
ウキウキしてきたぢゃぁあ~りませんかっ

15日の朝。
父が帰宅したのは9時半ごろ。
10時すぎには車に乗り込んでた。
ちっとは休ましたれって(*^^;;

途中途中休憩を取りながら、お宿を目指す。

こんな写真も撮りつつ・・・

tume.jpg

IMG_3606.jpg


京都北部にしては信じられへん暖かさ。
海で遊ぼう!!
って思っててんけど、だんだんと雲行きが怪しくなってきた。

海までしばらくあるし、このままじゃ降られそう。
何度か遊んだ公園にも寄っとこう・・・

ところが公園に着いた途端に雨。

あと10分でもいいから、降るの待っててくれたらよかったのに~~

雨やと動きたがらへんから、仕方ない。
お宿に向かおう。

本日のお宿はこちら

大浴場入り~の、部屋の露天風呂に入り~の
R-1の敗者復活なんぞ見ながら3人でゴロゴロゴロゴロ(爆


あっという間にお楽しみの晩御飯。
「カニフルコ~~~~~~ス!」

食べるのに夢中で、ロクな写真が撮れてないのでお宿HP内のをお借り。

tn1_fullcourse.jpg

焼カニがいまいちやったけど、他は満足!
追加注文する!?って勢いやったけど、雑炊食べ終わる頃には
手足が増えてカニになりそうな感じになってきた。
蒸しかにはお持ち帰りすることに。

食事の途中で、女将が挨拶にきてくれた。
どことなく、北海道でお店をやってるお友達に雰囲気の似た女将さん。
私が抱いてた小梅に
「小梅ちゃん、おいで~」って声をかけてくれる。

行かへんやろうなぁ~と思いつつ、小梅を離すと
なんとなんと、尻尾を遠慮がちに振りながら寄っていく。

それどころか、膝に乗ろうとまでしてる。
うっそぉぉぉぉ~~

しかも女将の前にちょこんと座り
「なぁ~?ひどいと思わん?自分らだけごっつぉ(ご馳走)食べて。
私なんて、普段と一緒。ドックグー度やで」
「カニむさぼってる間なんて、私のこと無視や、無視!」
とでも言いたげな上目使いまでしよる。

ど~したん、ど~したん?

まったく初めての人の前にちょこんと座るなんて!!

カニくっさい手もおかまいなしでカメラつかんだし。

okami.jpg

些細な事やけど、すっげぇ感動した。

部屋に入ってから、まだちっこをしてなかったし
もしも!を考えておパンツ着用。
「まぁ、そんあお気遣いを・・」って感じで
女将さんが感心してたのが不思議やったけど。

普通そうじゃないのかね?

昔は旅先でもちっこせんで悩んだよなぁ~
今回も夕食済んですぐぐらいに、なんなくシートでチ~♪
おりこうさんになったもんだわ。

お酒がはいって満腹で・・
夜勤明けの父はグロッキ~

titi.jpg


私は風呂三昧。
いっそ寝るまで素っ裸でいようかと思ったぐらい。

IMG_3626.jpg

小梅が鎮座してるのわかるかな?


夕飯の途中から、すごい雨になってきて
気温もグングンさがってきた。
明日の天気は期待でけへんなぁ・・・





2009/02/15(日)


10日
ふと小梅を見て思い立った。

カットしよう・・・


足裏カットと爪きりは何日か前に済ませてたんやけど
どうにも、顔のモッサァ~が気になってね。

チョキチョキチョキチョキ・・・


ん~
顔だけ貧相になっちまったか・・?


ま、いいや。
伸びるし。


ついでに洗濯もしちまおう!!
ってんで、部屋着の下だけ脱いでパンツ一丁の格好でシャワシャワ。

古い家やし、浴室暖房とか無いしね。
お湯かぶってる小梅はぬくいやろうけど
タイルの冷たさと、かかるしぶきで母寒い。

洗面所でも洗えるけど、なんでか嫌がるからさ~

で、あっという間に鼻タレ小僧に。
11日朝には、ノドちんこ真っ赤でド~ンと腫れた。

立派な風邪っぴきΣ(´□` ) 

結婚記念日のイベント控えてるのにさ。


「別に洗ってくれって頼んでませんから、私。」

2009020618200001.jpg

2009/02/12(木)



090206fancargo.jpg


090207bB.jpg

2009/02/07(土)


映画の話をば・・・
<感染列島>

ま、ま、いろいろ「なんでやねん」って突っ込みどころ満載・・・
なんやけど、ちょい長めな映画なわりに、あっという間で楽しめたなぁ~
いや、楽しむって内容ではないか(爆
同じく原因不明の病気を扱った「ブラインドネス」に比べれば
でんでんおもろかった。
流血っちゅうか、吐血シーンたっぷりやから、苦手な人はどうかな?

カンニング竹山がいい味出してたのは意外。
ソフトバンクのお兄ちゃんは、どうしても笑えてしもた。

なぜか、この映画の後・・・
マスクをしてる人をぎょうさん見かけるようになった。
インフルエンザが流行ってるのもあるやろうけど、
映画の後は、マスクをしたくなるかも。

ひとつだけ・・ってか、これだけは映画関係者に言いたい。
「手ピカジェル」とのコラボCMはやめたほうがいいぞぉ?

CMでも流れてる妻夫木くんの『打つ手はないのか?』って台詞。
もちろん劇中でもあったのさ。
原因不明の伝染病に対して、ああでもないこうでもないと
主役が悩むシリアスな場面。

CMのことなんか忘れてたっちゅうのに『打つ手はないのか?』
って台詞が出た瞬間 プッと笑いが漏れた。
横で同じく笑ってそうな小梅父の耳元で
『洗う手ならあるけどぉ~』とささやいてみる。
もちろんしんちゃんボイスで。
いちびりやし、私。
(。-∀-)ニヒ♪

映画終わって出るとき、後ろのカップルの男が
「手ピカジェルのサンプルぐらい配らんかい」って笑ってた。
思うところはみな同じ(爆



<レボリューショナリー・ロード(燃え尽きるまで)>

タイタニックのゴールデンコンビが再びお届けする、至極のラブストーリー

ってんじゃないよ、ぜんぜん。
ま、サブタイトル見りゃ一目瞭然か・・・

カップルには不向き。
夫婦で行くのはやめませう、絶対(笑)

時代背景はともかく
シーンごとに「あぁ、こういう気持ちわかるわ」とか「なんでそんな言い方・・」とか
感情移入しやすいかな。
あ、既婚者で、旦那とケンカしたことあるなら尚更。(爆

でも「重い」・・・なぁ。
救いようのない夫婦っていうか・・・
最後もねぇ~ なんもあんな結末にせんでもって。

レオ様もケイトも、演技は最高。
得にケイトの目。目で語るって感じで、あれは好き。
でも、こんな夫、妻って考えると「う~~ん」
キャシーベイツの息子で心を病んでるジョン。
彼の言葉が、まさに正論で、二人に共感してた心にズシンと響く。



<マンマ・ミーア!>

いやぁ~
無条件に楽しかった!

アバの曲を楽しんだ世代なら絶対お奨め。
アバなんて知らんって人も楽しめると思うよ。

メリルストリープはいい女優さん。
「永遠に美しく」のはじけた役も知ってるから、違和感もなかった。
ただ3人組の若かりし頃ってのが、現在の映像がインパクト強すぎて想像でけへん(笑)

ソフィ役のアマンダ・セイフライドは声が綺麗で歌も上手い。
なんつっても可愛いさねぇ~
この映画をきっかけにして、テレビ界から映画界にどんどん進出かな?

ボンド時代から、あまり好きではないピアース・ブロスナン。
この映画で「へぇ~」って思った人も多いかな?
私もそうやけど・・
でも歌わせるのはどうかと・・・?
(=^m^)クスクス

ひとつだけ残念やったこと。

なんでみんな立たへんねんっ!?踊らへんねんっ!?
じ~っと座って観てるのが拷問に近かった人、結構居たと思うんやけどなぁ。

劇中流れる歌と、映像・・・
所々で感極まってウルウルする場面もあり。

これはおすすめ!



DSCF3619.jpg

2009/02/03(火)



>>まとめて表示
2017年05月  2017年04月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年08月  2016年05月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年03月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年09月  2007年08月  2007年07月  2007年06月  2007年05月  2007年03月  2007年02月  2007年01月  2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年09月  2006年08月  2006年07月  2006年06月  2006年05月  2006年04月  2006年03月  2006年02月  2006年01月  2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年09月  2005年08月  2005年07月  2005年06月  2005年05月 

  •  RSS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。