::::: 小梅母の徒然日記 :::::




私、えらい?
今回の小梅の病院

お支払いは 21000円

5355円は保険支払いとはいえ
思わず「あ・・れ?安い?」って会計で言うたぐらい

ま、早く連れて帰りたいのもあったし
深く考えずに支払って帰宅


帰宅してから
「あ!!ワクチンの証明書もらってない!」と気づいた

とりあえず電話し、明日以降取りに行くしと伝え
小梅の診療記録と小梅家計簿つけるために
ゆっくりと明細書を見ててんけど
安い理由ハケーン


抗アレルギー剤の分が記載漏れ

過去の明細書を調べると、
「皮下注射料 (単価)1155円 (数量)2 (金額)2310円」
と、しっかり記載されてる


一瞬、ラッキ~♪と喜んだ


証明書を取りに行くことがなければ
んまに、ラッキ~♪ で済ませてたかも



でもさ~~

行くやん~?

やからさ~~~



夜、帰宅した父に
「記載漏れ分、払おうと思うねんけどな」って言うと
「おまえの好きにしたらええよ」
「う・・ん・・・
本来の関西のおばはんよろしく、ラッキ~♪って気分にならへんねんなぁ~」



そして、二日後

受付へ行くと、受付嬢が私を見るなり
「あ!すみません~・・・・」て(=^m^)

「おまちください」って奥へ消えたと思うと
なんとSⅢ先生が出てきて
「すみませんでした~」と証明書を手渡してくれた

で、小梅の様子を確認してくれはって
「しんどい思いさせてごめんねと伝えてください」って(笑


先生も居るから丁度いいやと、小声で
「あのね・・・」
と記載漏れを切り出してみた

先生「あ・・・」

院長に確認してきますって一旦奥へ消えはってんけど
出てくるなり、申し訳なさそうに
「こっちのミスなんですが・・(お支払い)よろしいんですか?」
 
「ええ、よろしくなかったら、ラッキ~♪って黙ってますよ」
と笑顔で返すと、先生も受付嬢も笑う




きっちりお支払いして帰りましたよ


だってさ
何が漏れてたって、抗アレルギー剤が漏れててんもん
この注射のおかげで、小梅がマシに過ごせてるんやしさ
そう思うと、毎度おおきに~ってお礼言わんなんぐらいやん

あはは~~


でも・・・


帰宅して父に報告し

それから何度

私ってえらい?なぁ、えらい??

って聞いたことか(爆


基本、「黙っとったれ」ってな気質なわけやん

( ̄一 ̄)ニヤリ


1302865043386.jpg




スポンサーサイト

2011/04/24(日)


ワクチン終了
18日 朝イチで病院へ

結局、前回見てもらったサカナ君似のSⅢ先生を指名


健康診断、フィラリア、ワクチンと
いっぱいお願いしたのに、笑顔で「じゃ、小梅ちゃんがんばろうね」って

まずは問診
あ、これは私へ(笑)

ついで触診に、聴診

そして採血

健康診断とフィラリアだもんで、大目の採血
拘束時間が長くなったためか、小梅、軽く鼻モゲ(爆

そして、穿刺による採尿のため、しばしお預け

ものの数分で看護師さんに連れられ小梅が戻ってきた


小梅さん
今回は待合でも大人しく、こ~んな至近距離でも見てるだけ

2011041809250001.jpg

ま、このシーズーさんもチョロチョロする子ではなかったからかな


お呼びを待ってると、先生がやったきた
「なんかあったか!?」と一瞬ビビッたけど
「先に抗アレルギー剤を打ちましょうかって聞くのを忘れました」
って(^0^;

お願いして、小梅は先生に拉致られることに(笑)

注射器もってきて、待合ですっと打ってもよかったんちゃう?
ってなぐらい、すぐに小梅は帰ってきた

薬の効果を出すため、しばらく待合で過ごす


15分後に呼ばれ、いよいよ検査結果の報告とワクチン


血液検査、尿、便
すべてにおいて異常なし♪
ちょっと体重が増えたけど許容範囲で、健康なばあさんと褒められました♪

しかし。。。
そうなると、あのときのしっこ(石)は何やったんや?っちゅう話

どの先生も首をかしげはる

小梅の場合、目の時もそう
原因がはっきりせず

そしてしっこも


いやいや、原因がわからずとも、治ればいいんよ
いいんやけど、な~んや気持ち悪いし
そういう「わからんちん」な病気を発症するタイプ(?)ってのもさ~

ま、ええか・・・


ワクチン接種が10時50分
そして小梅が固まりだしたのが14時ごろ

ん~
毎年感心するぐらい、きっちり3時間前後での発症

どこでものんびり出来るように
今日はソファーの上にも、私らのパジャマとかハーフケットを広げててんけど
私のパジャマの上で不自然な伏せスタイルになって固まった

しんどいなら眠ればいいのに
眠ることすらしんどいのか?
時々目は閉じるものの、じ~っと私を見る
そしてか弱い声で「ヒュ~~~ン」

触れると「ヒャン」って泣いてブルブル震えるので撫でることも出来ん

よだれが出だして、口をくちゃくちゃする
熱も出てきたのか、ハッハハッハとあえぐ


小梅にとってはしんどい時間
私にとってはせつない時間


18時ごろ
私がトイレに降りたとき、後追いしたのか?
戻ると、ソファーの下でリビングの扉の方を見て固まってた

「トイレ行く?」

そう声をかけると、ゆっくりやってきたので
そ~っと抱いてトイレへ

トイレの後は、かなり大量に水を飲み、次はハウスへ

NEC_0013.jpg

22時ごろに父が帰宅してんけど、すぐにはお迎えに出ず
父が座ったらワギワギ出てきて、膝へ乗る
尻尾振る元気はなく、父が触れるとビクッとしてたけど
幾分落ち着いたっぽい



寝しなは、いつも父の側で、父が寝付くと私の側へやってくるねんけど
今日ばかりは、まっすぐ私の側へ

移動するのはしんどかったんやろうね



そして次の朝


いつも通りの小梅に戻ってた・・・・


けど


なんか違う


まだちびっとしんどそうな感じ


午前中、雷が鳴ったりしてたせいもあってか
ハウスで過ごす時間が長かった

夜、父が帰宅する頃には復活して
尻尾ブリブリのくれくれ坊主になってたけど(笑)

症状自体は軽くすんだ方
でも、次の日まで持越すようになったんかな?
年いったし?
たまたま?


SⅢ先生
「ワクチンもね~・・必要かなって思ったりもするんですよね
いや、病気を防ぐ意味では必要なんですけど、アレルギーのこととか考えると」
って言わはってん

今まで、そんなこと言う先生おらんったんよね

フィラリアの薬も、内服じゃなく、注射が出たやん?
合わん犬種の子たちが亡くなったりで、結局メインにはなってないけど

だいたいワクチンも、犬と馬が同じ量って知って驚愕したなぁ~

人間の医学が進歩してるみたいに
動物医療も進歩すんのかな?
してほしいな






2011/04/18(月)


先日
わたくし43歳になりましてね・・・


「自分の年がわからんようになるってどないなん?」
そう思っておりましたが
今回は身をもって体験いたしましたのよ

「私・・3になんの?2?」
父、冷たく「3や」と一言

友人からは
「誕生日おめでと♪43歳・・・プッ(笑)」とメール
44歳のヤツがプッと笑う意味は?





43歳・・・
ママには22歳の私がいたわけで


22歳といえば、すでに独立してた私
思い返せば、ママは普通にママでした
きちんと母親でした

決して、今の私のように日々ポッカ~ンと暮らしてるわけでもなく

大丈夫か、私?
このままでいいのか?
こんなでいいのか?


ストライド(ガム)のCM見て
猿人と一緒にヘビメタよろしく、頭振ってる場合ぢゃないぞ?


だからといって、何をどうすれば?っちゅう話なんやけどね

ま・・・
誕生日プレゼントが、スマホって段階でアカンわな・・・
(注・全額ではない、当然)


生まれてから15718日ですってよ、奥さん



PhotoFunia-911f0f.jpg





2011/04/15(金)


毎年
1月の誕生日前後には健康診断にいってる小梅

でも今年は義父の入院でバタバタしてたり
明日は行けるかなって時には、小梅がウンをしてくれへんかったり
よし!って思った日は雪やったりで
結局行けずにいた

そんなこんなで、あっという間に3月になり
「来月にはフィラリアもワクチンもあるわなぁ・・・」と

病院嫌いではないけれど、車の中で大騒ぎするから
なるべく回数的には減らしたい

ぜ~んぶまとめてやっちまおうか?


でも・・・

健康診断の為の採血に
フィラリア検査に
おしっこ検査に(直採尿なもんで)
抗アレルギー剤に
ワクチンに

と、5回も針を刺す?
健康診断とフィラリアの血を一緒にしてもらうとしても4回

小梅自身、注射っちゅうものは全然平気

それでも、時間的にもかかるし・・


もう一つ悩んでるのが病院と先生

一番の希望は開業して院長になったS先生
でも、ちと遠い
しかも先生一人やし、小梅一人に時間取らせるのも申し訳ない

元の病院やとS2先生かS3先生なんやけど・・・
S先生を独立させたように、人気のあるS1,2先生もいずれ??
また先生変わるの?と思うと、やっぱ院長か?

院長も指名は多く、時間はかかるっぽい
それに、一つの懸念が

たとえば、難しい病気になったとするやん?
院長以下の先生であれば、院長はじめ、他の獣医師に
相談してってこともあるやろうけど、
これが院長の場合やと、プライドとかそんなんもあって独断の治療になる?
そんなことまで考えると、もう~


さぁ、どうする!?


小梅の場合、引き継いでもらいたいことは
ワクチンのアレルギーに関してとおしっこ

ま、私が説明すりゃすむことなんやけど
それでも、わかってくれてる先生に診てもらうにこしたことはない

どうすっぺかなぁ・・・


122_5_NEC_0001.jpg




2011/04/12(火)


また別の日
CIMG1604.jpg


ようするに
毎日
こんな


heiwa
2011/04/08(金)


ある日の小梅
カシャッ

CIMG1602.jpg


睨まれた

CIMG1603.jpg


2011/04/05(火)


ボツネタ・・小梅家大チャレンジ!!
知る人ぞ知る 犬嫌いな小梅
小梅をそうさせてしまったのは、ヘタレな母、私

他の犬と触れ合うたびに
「噛みゃせんか?噛みゃせんか?」とドキドキバクバク
それが小梅に伝わってしもうてこうなった

小梅自身、遊びたい気持ちがないわけでもないのか?
ウガウガしてるものの、相手が去るとヒンヒンと追うように鳴く

オフ会が盛んやった昔は
お友達ワンとドキドキしながらも触れ合うこともあった
でも、転勤とかでめっきりそういう機会も減ってしまってからは
すっかり引き篭もり犬小梅

さく・あんとの触れ合いもチャレンジしようと思うねんけど
デッキにいるさく・あんに脱兎のごとく吠え掛かってく小梅やもん
双方の大きさの差も考えると
「ゴルアァァ!!」
「なんじゃいっ!チビがっ!!」
って血ぃ見そうやん?

そんな我が家が去年の秋ごろから悩んでたこと
「ゆきちゃん、預かって・・・みる・・・?」

ゆきちゃん・・・
20090606210011_20110301173724.jpg

子供達が進学するにあたり「今後海外なんて厳しいかも」
ってことで上の子が中学あがる前の春休みに旅行することになっててん
「ゆきちゃん、どうすんのやろなぁ」と思いながらも「ふ~ん」って聞いてた

でも、なんとなく
「預かってみようかな」って気持ちもあったので
時々父と話してたんよね

で、いよいよ旅行の日程も決まったって話を聞いて
「ゆきちゃんは?」って聞くと
「ん~・・ホームセンターか友達んとこか・・」
って言うわけよ

でね、その友達っつ~のが
「犬飼いたいねん♪」て言う“犬をまーったく飼ったことのない”人
しかも友達いわく「わんぱく坊主が3人おるねん」
「飼った事もない人んとこやめとき!」ってすかさず言うてもた

そして「・・・うち来るか?」


言うてもーた!
言うてもーた!!
言うてもーた!!!

「うそっ!!それやったらめっちゃ安心なんやけど!」
即答

「けど大阪から送り迎え、大変ちゃうか?」
「そんなん〇〇んとこで預かってもらえるんやし全然平気さ♪
いや~~♪ほんま助かるわぁ~ こんな安心なとこあらへんもん」


何を持って安心というのか?

こっちはウガウガ小梅やぞ?
他の犬に対する小梅を見たことないやんかいさ
プードル飼いが君より長いだけやん

とにかく3月末 一週間ほどゆきちゃんを預かることになった


ま・・・
最悪、小梅の対応がどうしようもないときは
さく・あんがお泊りん時に使う一階との別居も可能やし
何とかなるやろ

なるかな?

なってほしいな・・・



小梅を・・・
というより、私を知ってる人

すごいチャレンジ~~って思うでそ?
(^0^; アハハ…


というチャレンジ

ボツになりました

震災をうけて、諸事情により友達んちが旅行をキャンセルしたため


ってなボツネタ公開により
ブログ復活いたします

元気なもんが元気でおらんと!

「小梅母さん、大丈夫ですか?」ってメールを頂戴いたしました

私が心配されてどないすんねん!?って話です

小梅は元気です
そっぽ向いてますけど、すこぶる元気で
白髪目立ち~ので、ぷちシュナウザー状態



NEC_0002.jpg






2011/04/01(金)



>>まとめて表示
2017年10月  2017年05月  2017年04月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年08月  2016年05月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年03月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年09月  2007年08月  2007年07月  2007年06月  2007年05月  2007年03月  2007年02月  2007年01月  2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年09月  2006年08月  2006年07月  2006年06月  2006年05月  2006年04月  2006年03月  2006年02月  2006年01月  2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年09月  2005年08月  2005年07月  2005年06月  2005年05月 

  •  RSS