::::: 小梅母の徒然日記 :::::




再診
水曜日再診


膀胱内に石も見えず、しっこ内の細菌もほぼ消滅、しっこのphも6

結果良好♪



が!
小梅さん、ごはんを食べんくなってしもた


先週の診察後に、フードのサンプルをもらって帰ってんけど
その日の夜に、モノは試しで ヒルズのc/dをいつものフードと半々で与えてみてん

ガッツ~♪ガッツ~♪ビバガッツ~♪←古いっ!!
ものすごいガッツ食いしはってん

あらま(◎-◎;)

今のフードに落ち着くまで、いろいろと苦労してきたから、予想外の食いっぷり

そして「療法食は塩分きついから飲水が増える」の定説通り
飲む!飲む!
ものっそ飲む!

たった半量で、この飲みっぷり!?


水の量はま、ま、想定内やったからいいんやけど
心配してた療法食もこの調子じゃだいじょぶそうかな~~



な~んてほっとしたのもつかの間

次の朝には見向きもしない

いや・・
見向きはするし、口にも入れる
が、プッププップとすっ飛ばしやがる


フードボール周辺、c/dの花


やっぱり、そうきたか・・・


前日の水の飲みっぷりを見て
普通のフードと療法食の時の飲水量を比べてみようってことで
in・outをチェックしはじめた早々の拒否

とりあえず「おいしいね~~おいしいね~」となだめるも
「おいしいのなら食べれば?母のパンとかえっこしてあげる」とばかりに
膝にフードを運んできやがる


母、石出てませんし(出てたら食べるのか?)


結果・・・


フードジプシーしてた時のように
一個一個お口に運んでお食べいただくっつ~有様



口に運んで食べてくれるならいい方で
夜からはまったく受け付けなくなり
次の朝からは、いつものフードすら食べなくなった

「せやし、混ぜモンはイヤやていうてんのに!」と言わんばかりの目つきで
フードボールと私を交互に見る


ん~~


昔から「あ、食べへんの?あっそ」と
15分で食べなければ、引き上げてた私
(小さいとき最長2日半食べなかった)

今回もそれでいってみよう


そすっと夜には、ちっとだけ食べた
元々のフードだけ


in・outのチェックどころやあらへん


食べさす事に必死やった一週間・・・


抗生剤飲んでるから、人間で言うところの
「薬で胃ぃ荒れた」状態にでもなったか?と最初は思ってんけど
私らが食べてると、いつも通りにキラキラお目目のクレクレビームやし
薬の後のおやつは幸せそうに食べる
食欲がないわけではない様子


抗生剤が、もう一週間追加になったから
先生にも相談してんけど
「今の段階では、菌を退治しきることが大切」とのこと

私自信は、抗生剤は好きで必要な薬と思ってるし
風邪ひいたときなんか「トローチなんかより抗生剤おくれ!」って人やねんけど
小さい小梅に飲ませるとなれば躊躇してしまう
副作用の心配もないわけがない
でも、先生の言うことも納得するんよね



次に試す療法食は、今食べてるフードの系列食なんやけど
どうなることやら・・・


NEC_0043.jpg
スポンサーサイト

2011/10/26(水)


再診
持参したのは2回のしっこで出た石+α

α???

13日の朝
小梅が寝てた所に、コロンと石のようなのが一つ落ちててん
どう見ても石

でもデカい
過去に見てたのとは段違いのデカさ

つか、なんでベッドに落ちてる??


点滴したし、寝る前から朝まで我慢できんかった!?
と、ベッドの隅々を見たけど形跡なし

ん~~???

なんで石だけ~~??
夜のしっこのとき、足のポンポンにでもついてたんやろか?
やっぱり石と違うんやろうか?

ん~~???


一応再診の時に持ってこう・・・


と持参したから、α




診察の結果


手術は回避  ホッ

しっこの濁りは残ってるし、傷んだ膀胱壁がホロホロ崩れて出てる様子
でも感染は激減
エコー上、もう一つ石が残ってる可能性あり

αは石

phは8



phが8???

先週、バリバリに感染したしっこの時に6やったのに、マシになってて8?

ん~~??


「おしっこチェックできちゃうシート」ではそんなことなかったのに・・・


そこらへん、先生もちと不思議そう

いったい、なんなんやぁ??


先生の今後治療方針は

・もう一週間抗生剤を飲んで再診
・その後は食事療法を加えながら1,2週毎にしっこチェック
・しっこの様子で1、2週間から一か月、2か月と再診を伸ばす


手術は回避できたけど、療法食は回避できひんかった

毎回ではないにしろ強アルカリ尿になって石が出る
不思議とはいえ、出るもんは出る

仕方ないのかなぁ・・・(往生際悪い母)


でも、100%療法食にする必要は、今の段階ではないらしく



で、今回はサンプルをもらってきた

2011101915140000.jpg


小梅、大きくなってからヒルズ(左側の)は嫌いみたいで
サンプルとか混ぜても、ペッペと吐き出すから、たぶん無理

でも、右側3つはロイヤルカナン
もう7年ほどロイヤルカナンの「セレクトスキンケア」を食べてるから
こっちは大丈夫・・・かなぁ~

とりあえず試してみますか・・・



そうそう
phの値が気になったので、捨てたシートを確認してみたんやけど
やっぱりアルカリ性ではなく中性

今日、帰ってからのしっこはバリバリのアルカリ性やったけど
さっきしたのは中性

こんなもん?
こんなんで普通??


私はそんなん知らん~ 疲れたし~~

2011101915160000.jpg


2011/10/19(水)


出たっ!!
パァァァ~~♪

って、岡田のネタちゃうねん・・・


小梅はん、石が出た




お昼のちっこで出たもんで、夕診へ

2011101216570000.jpg



点滴と抗生剤もらおうね~
ついでに背中のイボもおなかのカサカサも診てもらおうね~
って、割と軽いノリで行ったのに


採尿もろもろのため、小梅を預けて数分
先生が「おかあさん、いいですか?ちょっとイヤなモノが見つかったので」

(/||| ̄▽)/

ええ、もちろん↑な顔文字で表現できる程度の気持ちじゃございやせんよ
確実に、心臓が3倍ぐらいに巨大化したと思えるほどの胸の痛み

診察室に入ると、エコーの機械と患犬を仰向けに固定するようなベッド
情けない顔した小梅の姿

エコーに映し出されたソレ
明らかに見て取れる2センチほどの異物

「ガン・・・?」



結果はガンではなく、膀胱内の石


少しホッとしたものの、デカさが気になる
でも、先生いわく
「エコーは大きく写すので、実際は最大幅でも3ミリ・・・4ミリ・・・ぐらい」


再びホッ


が、次に先生の口から出た言葉

「手術も視野に入れて・・・」


( ▽|||)
( ▽|||)
( ▽|||)


小梅の石は、食事療法にも踏み切れへんぐらいにタマのこと

たまたまエコーに写った石でオペ!?


そのあと、レントゲンと採尿で治療方針決めることになってんけど
再び待合で一人待つ私の頭ん中は、いろんな思いがグルングルングルン(◎-◎;

戻ってきた小梅を抱いてグルングルングルン(◎-◎;


そして結果


「おかあさん? 異常があったのはここ数日ですか?」

その言葉に比例するように、モニターに映し出された画像に息を飲む


これは、去年8月の写真

100811-1_20111013095447.jpg

矢印の先にある青い粒・・
これは細菌なんやけど、これが今回は画面ほぼ一面
採尿されたちっこも濃く、いわゆる「膿尿」

「すごい炎症です」
「ですよね」

小梅のしっこは、出るたびにシートは確認してた
涼しくなって、水の量が減ったので濃いめやったけど
石はもちろん、砂状のものも見当たることはなかった


先生もその辺は理解してくれてるようで
「爆発的に増えたとも考えられますが・・・」とはいうてくれはったけど

さらに
「今回はシュウ酸も出てるんですよ」


シュウ酸・・・
シュウ酸カルシウム結石ね

今までは「ストラバイト結石」で比較的溶けやすい石
「シュウ酸」は溶けにくい
ストラバイトに比べると、やっかいなタイプ


この二つが混在する事は、多くはないらしいねんけどね



ところが、これだけ炎症を起こしてるにも関わらず
膀胱内の腫れなどがない


やっぱり小梅は「不思議」な症例らしい
繰り返すが「目の腫瘍」の時もそう



渋るわけじゃないけど、手術のすすめに二つ返事ができひん私
先生も「石も、おしっこで出るかもという大きさなので、まずは点滴と内服でいきましょうか」
ほっとする私に「男の子なら即手術ですけどね」と畳み掛ける(^_^;)


皮下点滴は「おかあさんが抱っこしてる方が安心かな」ということで
私抱っこでの点滴

座ってのんびり・・・と思ってたら、先生もついててくれたので
いろんなことを喋りながらの点滴
30分がすぎ、もうすぐ終わり・・って頃には、抱いてる左腕がフルフルしてきたけど(爆


今回は前回に比べ、内服薬も倍の大きさ
朝晩に1個づつ
そして一週間後に再診


診察開始の17時前には病院に入り、お会計を済ませたのは20時前
3時間・・・

お会計は12600円
保険使って支払は6300円


しばらくは、また小梅のしっこに夢中な日々・・・




adohen1.jpg

2011/10/13(木)


平和な朝
2011091006340000.jpg

無防備すぎかと



adohen1.jpg





2011/10/07(金)


ママの
七回忌


早いね~
もう6年も経つんかぁ・・・


ママの弟んちでやってんけど
姉弟連中が勢ぞろいしてて、びっくりした

なにかっつ~と揉めてて「顔も見たくない」とか言うてんのにさ~


ママは、お墓に入ることとか法事とか
そういうのを「しないで」っていうてた人やから
パパにしても、娘の私にしても複雑な思いがあるんやけど
田舎に住んでる姉弟にすれば、やっぱりね~


ま、いろいろありますわな(^_^;)


法事の後、食事会やってんけど
私ら夫婦は食事会も参加せず、そのまま甲子園へ


結果は・・・
( ̄へ  ̄ 凸

真弓采配に、ファンの怒りもMAXで
風船飛ばした後、帰る人多数

そらそうやね~~
ぼろ負け試合、おもんないもん

私は、ひ~やんが出る可能性にかけて帰るわけにはいかんねんけどね



9674940_1347803020_216large.jpg


アウアウ(;へ:)



2011/10/02(日)



>>まとめて表示
2017年10月  2017年05月  2017年04月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年08月  2016年05月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年03月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年09月  2007年08月  2007年07月  2007年06月  2007年05月  2007年03月  2007年02月  2007年01月  2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年09月  2006年08月  2006年07月  2006年06月  2006年05月  2006年04月  2006年03月  2006年02月  2006年01月  2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年09月  2005年08月  2005年07月  2005年06月  2005年05月 

  •  RSS