::::: 小梅母の徒然日記 :::::




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)


今日には
奈良へ帰るはずやったパパから電話があった。
「しばらくマーちゃんとこにおることにしたから。」

今回子供を亡くしたマーちゃん(叔父)夫婦は訳あって別居中。
マーちゃんの工場二階の事務所のカーペットをはずしてさく・あんを
置いておけることもあって、ママが生きてた頃から、加古川で用事があるときは泊まっててん。

すぐにマーちゃんと電話をかわってんけど
「やらんなん事はいっぱいあるし、考えんなん事もいっぱいあんねんけど・・・なんや気ぃ抜けてしもてなぁ。パパもママ死んで寂しいし、おっちゃんもマー君死んで寂しいし・・・寂しいモン同志、ちょっとつるもうかってな。しばらくパパにおってもらうことにしてん。」

叔母は葬儀の後、すぐにたっちゃんが待つ病院へ行った。
文字通り一人きりになるマーちゃん。

「そっか。たいして役に立たんやろうパパやけど、マーちゃんがいいなら、パパもそのほうがいいかもやし、よろしく。ただ、体使うことは期待できるかわからんけど、頭使うほうはアカンやろうし、相談ってより“聞いてもらう”ぐらいの気持ちでおりよ?それと、もう一人でも大丈夫って気持ちになったら、“帰ってくれ”って意思表示せんとアカンよ?はっきり言わんとパパには通じひんからね」

カラ元気なのか、すべて終わって落ち着いた部分もあるのか、いつもの調子でガハガハ笑うマーちゃん。

ママ(姉)亡き後、他人になってもおかしくないパパのことも慕って(?)くれてることに感謝しつつ、お互いに寂しいと感じる時間を少なくできることにほっと一息。

マー君ね・・・
苦しんだんやって・・・
心臓が強かったらしいから、苦しみも倍になり「苦しい・・・助けて・・・」と逝ったそう。
苦しむ息子の姿を目の当たりにして、息を引き取ったらほっとしたところもあったのかな?
「たっちゃん(弟)は心臓が弱いから、苦しむこともなく逝けるやろうって思ってるよ」
事情を知らん人間が聞いたら「えっ!?」って思うであろう言葉を叔母は発する。

悲しい事実には変わりなくとも、苦しみから解放されたという気持ちが大きいのか、叔父も叔母もほっとしたんやろうねと思う部分が見えた。
その話を聞いて、「ママは・・・よかったね。そこまで苦しんでる風には思えんかったし」とパパも私も安堵・・・ではないけど、悲しい現実から少し遠ざかることが出来た。

なんでこんな事を書くかって?

今までも常々思ってたことやけど、お通夜、葬儀の往復、別宅⇔本宅の行き来で「くたばれ!」って他人に叫ぶことが何度もあったから。

死なんでもいい人が早死にして、ほんまにくたばれって思う人間がのうのうと生きてるって思うから。

大切な人を亡くした人の多くが、一度は思ったことのあるであろう感情。

私の場合、運転してる時は常に口が悪いから、特別かも知れんけどさ。
ママが死んでから一層ひどくなったのは言うまでもないけど。

自殺の話を聞けば「その命、ママにくれれば良かったのに」
娘が母親を殺したニュースを見ては「殺すぐらいなら、もらってあげたのに、その命」
無謀な運転してるヤツを見ると「そんなに死に急ぎたいなら、その命くれっ!」

いや、昨日ね、本宅からの帰りに「もうアカンッ!」って思うことがあったんよ。
何事もなく済んだとわかった瞬間に体が震えて、恐怖で涙が出た。
普段なら「追いかけろ!」って父に指令するんやけど、そんな余裕も無かってん。(追いかけてどうすんねんって事は置いといて)

うちは右折で信号待ちをしてた。
矢印信号が出たので右折してたら、父の「あっ!!!」って言う声。
父の視線の先に目をやると、ちょうど私側(助手席)に突っ込んでくる車。
相手は左車線からUターンしようとしてたみたいやけど、うちの車は普通に右折してただけやから、相手の車がスピード出てたんやろうね。
すごい急ブレーキの音。
父もハンドル切ったからぶつかりはせ~へんかったけど、父も気付かず、相手もよそ見でもしてたら完璧に助手席側に突っ込まれてた。

車に乗ってたら、ほぼ常に小梅のショートリードは持ってるから、衝撃で飛ぶなんてことは少ないと思う。
でも勢いよく、モロにぶつけられてんのに離さずにいられるかというと自信もない。
きょとんとしてる小梅を見てたら、恐怖と怒りで涙が止まらんでさぁ。

「あんなアホのことで泣いたらアホらしいやろぉ」と父は慰めにかかるけど、涙の意味がちょっと違う。
確かに怖かったし、アカンとも思ったけど・・・
深層心理「なんであんなアホが生きてんのに・・・」

こんなん思ったらアカンのやろうけどね。

お友達が日記に書いてた言葉。
「あなたがむなしく生きた今日は、昨日死んでいった者が、あれほど生きたいと願った明日」

もしかしたら他人までも巻き添えにするような無謀な運転をするアホ。
エイズの事を話されて「別に~~、死ぬのは怖くないしぃ~~」とのたまう援交中の女子高生。
飲酒運転、薬物使用・・・
世の中、くだらん事で命を落とすヤツが大勢いる。
ちょっとでも考える頭があれば、失うことのない命が多すぎる。

自分自身にも当てはまる言葉であるからして、自問自答もするけれど。
もっと一日一日を大切に生きんとアカンね。

・・・って何が言いたいんだか(^^;;)

「いい子でお留守番してたよ。でもつまらんかったよ・・・」

DSCF3096.jpg

スポンサーサイト

2006/07/30(日)



>>まとめて表示
2017年05月  2017年04月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年08月  2016年05月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年03月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年09月  2007年08月  2007年07月  2007年06月  2007年05月  2007年03月  2007年02月  2007年01月  2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年09月  2006年08月  2006年07月  2006年06月  2006年05月  2006年04月  2006年03月  2006年02月  2006年01月  2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年09月  2005年08月  2005年07月  2005年06月  2005年05月 

  •  RSS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。