::::: 小梅母の徒然日記 :::::




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)


不安定なこの気持ちは
どうしたら落ち着くんやろう?


数日前、一匹の犬が行方不明になった。
飼い主と友人は、足を使ってはもちろん、ビラ配り、ネットを通じての情報を求めたり、それはそれは懸命に捜索活動をしていた。
事情を知った者は、自分のサイトやブログ上で情報提供を呼びかけた。

同じように犬を飼う者同志・・・
知人だなんだは関係なく、皆気持ちは一つ。
再び飼い主の元へ元気に戻ってくることを願っての行動。

動きがあったのは昨日。
飼い主の友人のブログに交通事故の目撃情報があった。
が、何故か素直にこの記事を受け入れられない。
「最悪の結果やわ」と小梅父にも報告したが、互いに「なんかおかしないか?」との気持ちが拭えない。

「車に乗っていた人は男性で中年の方でひいた犬を車のトランクに入れていました。」
コメントにはそう書かれてあったから。
父と私の意見は一緒。
「頭割れて・・・ってことは血だらけやん。自分が撥ねたから言うて、息のある子を病院へっちゅうんならわかるけど・・・死んだ子を連れてどないすん?他所へ捨てるってのも意味無い話やし」

夕べはそのまま寝たけど、何故か早朝に目覚めた今朝。
その後が気になったから、すぐにパソコンを開け、まずはネット上で協力してる友人のブログを覗く。

予想もしなかった結末。

一時期に比べ、かなり朝は涼しくなった。
でも、それだけでは無い寒気を感じる。
体が寒いんじゃなく、心の奥底から生じる寒さ。

かいつまんで言うと
「犬を連れ去った女が、見つかったことにうろたえてか、証拠隠滅のつもりなのか?飼い主の目の前で6階のベランダから犬を投げ落とした」


犬は『物』扱い。
飼い主にとっては我が子のように可愛がってる犬。
人の手にかかり殺されても『器物破損(損壊)』でしかない。

その観点からか、それとも犯人逃走の恐れがないからなのか?
その女は事情聴取を受けて、一旦は家に帰されてる。
知人に聞くと「すべての犯人を拘束するわけでは無い」とのこと。

詳細はわからない。
今知ってるのも100%確実な情報かどうかはわからんけど・・・
ー犬は連れ去られた。
何故?可愛かったから?犬好きやけど買えへんから?
ー前は違う犬を連れてた。
常習??
ー子供を連れていた。
そんなヤツが母親やってんの?
交通事故情報も詮索を恐れての自作自演行為とか。

どう考えても理解できん行動をする、頭のオカシイ奴の気持ちなんてわかりっこない。
でも、飼い主の気持ちだけは痛いほどわかる。
あと数歩で手の届いた愛犬が、探して探してやっと見つけた愛犬が、目の前で悪魔の手で殺められる。

こういう時、法律はどうなん?
器物破損でしか無いわけ?立件できれば窃盗罪もよね?
でも相手が頭のおかしい奴となると、よく聞く「正常な判断が出来る精神状態ではなく」とかなんとかで野放し??

前述したけど、ひょっとしたら前科があるかもって奴よ?
第二の被害者(犬も人も)が出るかも知れんのよ?

側で寝てる小梅を見て、自分に置き換えて考えてみた。
こんなことがあった以後、心身ともに元の生活に戻れるとは思えへん。
「小梅が人の手にかかって死ぬようなことがあったら・・・私は犯罪者になることも厭わない。」常々そう宣言してた私。
その女の子供を同じように投げ落としてやろう。日常生活が出来ないぐらいその女に復讐してやろう。
真面目にそう考えた。

罪人がしっかり罰せられないと、起こらなかったであろう犯罪までも引き起こすことになる可能性もあるってこと。

警察が役に立たないなら、動物愛護団体だとかマスコミに訴えてもいい。署名ってのもいい。
数年前に起きた「こげんたちゃん事件」のM・Jのように、某巨大掲示板で晒してやったら??

狂った女のせいで、今どれだけのまともな人間が理性を失う感情を抑えきれずにいるか。
悲しみとも怒りとも、なんとも言えない感情で戸惑ってるか。

投げ落とすと言う行動で、今「子猫殺し」で話題になってる作家と、今回の狂った女の顔がかぶった。


この現実とも思えない事件・・・
にわかには信じられず。


この記事・・・
警察だ愛護団体だメディアだって叫んでても、実際のところ飼い主さんがどういう気持ちになるかはわからへん。
亡くなってしまった愛犬と静かにしてたいかも知れん。
だから飼い主、協力してた人たちへのブログ掲載報告もしていない。
場所、人物が特定できないようには配慮したつもり。

また適切ではない表現があることもわかってる。
でも、でも!
こういう事件があったこと、狂った奴が世の中にはおるってこと、大勢の人にわかってもらいたくて。
自分の抑えられん感情だけで書き綴ったものなのでご理解願います。


追記・・・
詳細がわかりました。
飼い主あきさんの「たくさんの人に知ってもらいたい」という気持ちを知り、あきさんの友人まこちさんのブログをリンクさせてもらいます。まこちさんには連絡済みです(事後報告っぽくなりますが)

http://blog.goo.ne.jp/pochi0320/


ブログにぶちまけて、友達と電話して・・・
少し気持ちが落ち着いたのに、犯人が百代ちゃんのことを「こうめ」と呼んでいた事を知り、体中が怒りで震えた。
こんな狂った女に「こうめ」の名前を呼んでほしくなかった・・・
そういう問題では無いことを重々承知しつつ、これも嘘偽りない気持ちなので。。。

スポンサーサイト

2006/09/01(金)



>>まとめて表示
2017年05月  2017年04月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年08月  2016年05月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年03月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年09月  2007年08月  2007年07月  2007年06月  2007年05月  2007年03月  2007年02月  2007年01月  2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年09月  2006年08月  2006年07月  2006年06月  2006年05月  2006年04月  2006年03月  2006年02月  2006年01月  2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年09月  2005年08月  2005年07月  2005年06月  2005年05月 

  •  RSS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。