::::: 小梅母の徒然日記 :::::




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)


ほぼ
一日中雨やったし、家でのんびり。

動くたびに目を覚まし、目で追うかついてくる小梅を見ながらいろいろ考えた。

2001年4月・・・
元居たショップでは売れずに、兄弟達が順調に売れてったショップへ移動した次の日に私と出会う。

私は父に、犬を飼うことを許可されてから犬種はプードルと決めてた。
ある雑誌のインタビューで、女優が愛犬と一緒に写ってるのを見たのがきっかけ。
それまで“プードル”という犬種に対してのイメージは
『金持ちの犬』『チューリップ(から揚げ)』『お高くとまってる』
『ツンツンしてる』といった具合で、酷評がほとんど。

でもその女優が抱いてたプードルは、今でいうテディカットでおよそ私の抱いてたイメージとは違う犬。
他にもチワワやダックスを抱いて写る女優の姿もあったけど、そのプードル以上に惹かれる犬種はおらんかった。

仕事から帰った父に「おかえり」の言葉よりも先に写真を見せる。
父も父でプードルにはいいイメージはなかったらしく「これがプードル!?」って驚いてたっけなぁ。

それからはプードルという犬種を調べることに徹する。
っちゅうてもたいそうなモンではなく、一般的なことね。

飼うならプードル!
そう決めてからはショップへ行っても、雑誌を見てもプードルしか目に入らん。
テディベアカットが話題になり、ティーカップが話題になってからは、犬雑誌にプードルの姿は当たり前になってるけど、当時は少なかったよ。
そういや、小梅が2歳後半ぐらいからかなぁ~
雑誌を切り抜かんようになったのは。
プードルが載ってるページって貴重やったからさ(笑)
最近なんか、いちいち切り抜いてられんぐらい多いし、それ以前にあんまり雑誌も買わんようになったかも。

そんな感じで私は小梅と出会って、聖子ちゃんじゃないけどビビビッ(古っ)ときたわけよ。
でも小梅はどうやったかな?
ショップの自動ドアが開いたときから視線は感じてた。見ると、昨日までおらんかったプードルがおる。じっと見てる。
誰が入ってきてもそうやったんかな?

数日通ってたショップやったけど、もしもその日に行かんかったら、どこか他所の家に飼われることになってたんかな?
小梅に決めるまでも、何匹ものプードルを見てきた。ブリーダーと連絡取ったりもした。誕生日にこだわったりもしてた。
でも実際に抱いたのは小梅だけやし、色とか誕生日とかは二の次になってた。

これが縁ってモン?赤い糸ってモン?

でも・・・
小梅にとって、縁とか赤い糸の繋がりがうちでよかったんかなぁ?
って考えてたよ。

生活する環境で性格もある程度は変わってくるやん。

もしかしたら、ばっりち躾もはいって、カフェでも足元で大人しくとか、他のワンコとも仲良く遊んでとか、アジリティとかやってたかもとか、子沢山かあちゃんになってたかもとかさ。

犬同士って喋ってるんかな?私らが井戸端会議するみたいにさ。

「あそこの○○ちゃん!昨日松阪牛食べたらしいで!!」
「うっそぉぉぉ~~!うちそんなん食べたことあらへんわ。っていうか飼い主も食べたことないで、たぶん」
「あんた、一回にグリグリどれだけもらえる?うちは半分やで」
「マジィ~?!うちなんか四分の一やでぇ?みみっちぃやろぉ」
「それ、せこすぎやでぇ~」
「せやけど、“これは高いからね”って言いよるし」
「せめて“カロリー高いから”って言うてくれよって感じやなぁ」

「天気悪いし散歩も行けへんやん?家で遊ぶだけで運動不足やな~」
「ええやん、遊んでもらえるだけ。うちはアカンで!ゴロゴロゴロゴロ寝転んでパソコンばっかりしとるし。おもちゃ咥えてっても“ながら”で付き合うだけやし」
「そうなん?うちはちゃんと遊んでくれんで?」
「あんたんとこの子になりたかったわ」

「トイレシートの安モンはかなんなぁ?」
「ほんまや、一回しただけでブワァ~と広がるし。しかもうちの飼い主、何回かするまで交換しよらへんねん」
「それいややん~~。一回で交換してほしいよなぁ。汚れた上歩いたら、足臭っそ~なるやん」
「せやろ?自分のセコさで、しっこの上歩かせとるくせに、寝てるうちの足嗅いで“ちっこくちゃぁ~”とか言うとんねん。」
「足フェチってやつか?」
「けど、そう言いながら喜んで何回も嗅ぐし。どやさ、それっ?」
「そのくせ、うちがおとんの靴下咬んどったら“汚いからダメ”って言うねん。」
「あ~それはうちもや。うちらの本質わかってないよなぁ?すっぱ臭い方がうちらの好みやのに」
「ほんまや、ほんまや」


あかん・・・
「小梅はうちの子で幸せなんかな」ってな真面目なことを考えてたのに、犬の井戸端会議のネタ考えてたら、おもろなってきたし。
びゃははは (≧ω≦)

「小梅はうちで幸せなんかな」
より
「小梅が他の子と仲良くできん子でよかった」
って話で終わってまうがなっ!




061012.jpg

スポンサーサイト

2006/10/11(水)



>>まとめて表示
2017年05月  2017年04月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年08月  2016年05月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年03月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年09月  2007年08月  2007年07月  2007年06月  2007年05月  2007年03月  2007年02月  2007年01月  2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年09月  2006年08月  2006年07月  2006年06月  2006年05月  2006年04月  2006年03月  2006年02月  2006年01月  2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年09月  2005年08月  2005年07月  2005年06月  2005年05月 

  •  RSS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。