::::: 小梅母の徒然日記 :::::




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--)


阪神大震災
から12年。
いのしし年に起こった悲劇。
亡くなった知人もいる。

京都やったから震度5やったけど、あの時の感触は忘れへん。
マッチ棒のようなちゃちな3階建の家が崩れ落ちると思った。
当時大阪の堺に住んでたママから、地震後すぐにかかってきた電話。
その一本以後、夜になっても次の日の朝になっても電話は繋がらんかった。

京都で、周りに崩れた家もなく、被害というのもはばかられる損害だけで済んだ私でさえ、それ以降地震には敏感。
たとえ震度1でもいきなりドンッとくると心臓がギュンと痛くなるぐらいびっくりする。
しばらくはドキドキがおさまらんし、すぐに携帯の速報やテレビで確認。
もちろん週に何度も地震サイトのチェック。

関西では「阪神大震災から○○年」ってニュースで大きく報道されるけど、他の地域ではどうなんかな?


最近、携帯のデコメールにはまってて、可能機種を持ってる友達にメールする時は「くどいっ!」ってぐらいデコメール。
夕方、友達にメールするとき、丁度ニュースで「今日は阪神大震災から」ってのがはじまった。

なんとなく、いつもよりは控えめなデコメールとなった。

今日はいつもにまして悲しい思いをしてる人がいっぱいいるんやろうな・・・


DSCF3252.jpg

スポンサーサイト

2007/01/17(水)



>>まとめて表示
2017年05月  2017年04月  2017年01月  2016年12月  2016年11月  2016年10月  2016年08月  2016年05月  2016年03月  2016年02月  2016年01月  2015年12月  2015年10月  2015年09月  2015年08月  2015年07月  2015年06月  2015年05月  2015年03月  2015年01月  2014年12月  2014年11月  2014年10月  2014年09月  2014年08月  2014年07月  2014年06月  2014年05月  2014年04月  2014年03月  2014年02月  2014年01月  2013年12月  2013年11月  2013年10月  2013年09月  2013年08月  2013年07月  2013年06月  2013年03月  2013年02月  2013年01月  2012年12月  2012年11月  2012年10月  2012年09月  2012年08月  2012年07月  2012年06月  2012年05月  2012年04月  2012年03月  2012年02月  2012年01月  2011年12月  2011年11月  2011年10月  2011年09月  2011年08月  2011年07月  2011年06月  2011年05月  2011年04月  2011年03月  2011年02月  2011年01月  2010年12月  2010年11月  2010年10月  2010年09月  2010年08月  2010年07月  2010年06月  2010年05月  2010年04月  2010年03月  2010年02月  2010年01月  2009年12月  2009年11月  2009年10月  2009年09月  2009年08月  2009年07月  2009年06月  2009年05月  2009年04月  2009年03月  2009年02月  2009年01月  2008年12月  2008年11月  2008年10月  2008年09月  2008年08月  2008年07月  2008年06月  2008年05月  2008年04月  2008年03月  2008年02月  2008年01月  2007年12月  2007年11月  2007年10月  2007年09月  2007年08月  2007年07月  2007年06月  2007年05月  2007年03月  2007年02月  2007年01月  2006年12月  2006年11月  2006年10月  2006年09月  2006年08月  2006年07月  2006年06月  2006年05月  2006年04月  2006年03月  2006年02月  2006年01月  2005年12月  2005年11月  2005年10月  2005年09月  2005年08月  2005年07月  2005年06月  2005年05月 

  •  RSS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。